3Dプリンター住宅で共感できるつくり方

今年に入って、3Dプリンター住宅のニュースをいくつか見かけました。

ウクライナ

ロシア

日本では当分、ありえないでしょうね(笑)

日本でも小物関係の3Dプリンターは、3Dプリンタブームが終焉し、出荷台数は減っているようですが、利用者は増え、市場は成長傾向というニュースを見かけたりします。

小物類は活発でも、建築物の場合、建築基準法という厄介な壁があります。電気やガス、給排水などの住宅設備関連は、3Dプリンターで使う素材にもよりますが、わざわざ先にそのための穴を設けなくとも、後施工で対応できます。

普通に3Dプリンターでつくった建築物では、基礎や構造体などが、現在の建築基準法に適していないため、実現するには抜け道を探すしかなさそうですね。

トレーラーハウス方式で基礎を回避?伝統構法の石場建てでも可能か?3Dプリンターの材料を木にしたら、木造住宅扱いのなるのか?許容応力度計算で対応できるのか?・・・気になるところはたくさんあります。仮設なら基準も下がるので建設の可能性は高くなりますが、あくまで展示用なのと期間が設けられますからね・・・倉庫など大きな建築物の中に建てるという方法だと可能なのかも?

3Dプリンターで、一番共感できるつくり方

海外では徐々に動き始めている3Dプリンター住宅で、つくり方も様々ありますが、一番共感できるつくり方は、ロンドンの『WikiHouse(ウィキハウス)』です。動画も頻繁にアップされているので、活発に活動されてるようです。

3Dプリンターで全てを造形するというよりは、3Dデータを元に、面材からパーツを切り出し、それらを組み合わせて造形するという、プレカットに近い手法です。レーザーカットだと思うのですが、レーザーによる焦げがないのが気になります。

レーザーカッターや3Dプリンタなどの、コンピュータと接続されたデジタル工作機械によって、3DCGなどのデジタルデータを木材、アクリルなどのさまざまな素材から切り出し、成形する技術を、デジタル・ファブリケーションと言うようです。

特別な工具は必要なく、ジグソーパズルの要領で、それぞれのパーツを連結して、屋根や床板、窓枠などが組み立ててられます。さらに、断熱材や窓などを入れれば、わずか数日間で住居が完成するため、最低限のスキルと時間で、誰でも住居をつくりあげることができる建築キットとして、注目を集めています。

下の動画を見ていただくとわかるのですが、くさびなどで留めている感じが、なんとなく伝統構法に近いです。

『WikiHouse(ウィキハウス)』の方法だったら、確認申請も伝統構法の様なやり方で通るのでは?と淡い期待をしています(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。