3帖の使い方で空間の在り方は大きく変わる!

昔、イベントで
こんな実験をしたことがあります。

設計された3帖のフレームを
組み立て、中の空間をデザインし、
実際に体験させるというものです。

 

「3帖は狭いと思いますか?」

そんな投げかけをしながら、
感じてもらいます。

普通に3帖フレームを
つくるだけでは、
狭いと感じる人は多いんですが、

空間を縦に使ったりすると、
十分な広さを感じます。

子どものスペースには十分な広さです。
寝ることも可能です。

 

1帖や2帖だと、縦に使うことは、
収納でないかぎり難しいですが、
3帖なら十分にできます。

実際に体感した人は、
3帖という言葉だけだと、
狭そうと思ったが、体感すると、
思った以上に広く感じるなど、

これまで思い込んでいたことが
ガラッと変わります。

 

こういうのは他がやらないので、
ハートをつかみやすい施策でもあります。

実際にこういった3帖スペースを
つくった事例は過去何件もありますが、

数年前、久々に親戚の家を訪ねた時、
中学生の甥っ子も使っていたのには
びっくりしました。

ごく普通の家の部屋を、
子ども部屋を設けるための
リフォームをしたということです。

 

3帖という空間、改めて
注目していこうかなと思っています。

ちょっと前に、三菱レジデンスが
部屋の中の“小屋”を発表してましたが、
その後、どうなんでしょうかね・・・

工務店・リフォーム店向け/新規客を引き寄せるVIP顧客の集め方

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。