外構に手を出さないヤツは・・・

百獣の王・武井壮さん曰く、

「幕の内弁当を選ぶヤツは
だいたいフィジカルが弱い」

とのこと。

その理由として、

「トレーニングをぬるくやり、
ぼんやりしてるから、
ぼんやり色々入った弁当を食いたがる」

「しっかりとした目標がある人は
具体的なメニューを食べる。」

「ぼんやりしたメニュー頼むやつは、
だいたい下半身弱い!」

・・・らしいです(笑)

 

この感覚、なんとなくわかります。

個人的に住宅で感じていることを
もじって表すなら、

「外構に手を出さないヤツは」
だいたいチープな家になる」

です(笑)

ごく普通の土地に建てる住宅で、
外構に手を出さないと、
間違いなく貧素な感じになります。

外構に手を出さない
ローコスト住宅系が、
まさにコレです・・・

 

家そのものをコンパクトにして、
その浮いた予算を外構に回したほうが、
よっぽど素晴らしくなります。

敷地いっぱい、
広ければ広いほうがいいという
ありがた迷惑は止めましょう(笑)

外構が整っていると、
デザイン力がそこまで高くなくても。
見栄えは良くなります。

 

この手の話をすると、
外構に手を出したほうがいいと
わかっていても、
できない人が結構います。

それが、まさに
冒頭のトレーニングと同じで、
ぼんやりしてるからですよ。

住宅と外構を別で考えるのではなく、
『家』として一体で考えてほしいものです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?