住宅デザインの方向性はひとつではない。

今年の6月に発売された「Casa BRUTUS特別編集 家づくりの教科書」が、現在、Kindleアンリミテッド(読み放題)の対象になっています。

内容は、Casa BRUTUSの住宅特集で紹介された、この5年の最新住宅&ベストサンプルを集めた完全保存版です。

Casa BRUTUS特別編集 家づくりの教科書Kindle版

自分にとっての理想の家。あなたは真っ先に何を思い浮かべますか?? 家づくりは、一生に一度の大仕事。建築条件や予算、家族構成やライフスタイルなど、考えることは山積みです。
けれど、部屋の数や予算配分などに心をすり減らすより 、「自然光が美しく 入る家に住みたい」「気持ちのいい風が抜ける家で暮らしたい」など、まずは理想の家の楽しいイメージを直感的に思い描くことを、おすすめします。一見マイナスに思えるような課題も、捉え方次第で長所に変わります。
このムックは、カーサブルータスの住宅特集で紹介された、最新住宅&ベストサンプルを集めた完全保存版。最新の名作住宅のアイデアや技を参考に、さあ、家づくりを始めましょう!

住宅デザインの方向性はひとつではありません。

本誌は、建築家の家ばかりなので、意匠デザインも奇抜な住宅ばかりです。この手の内容は、いつも流し見程度です(笑)

大学や専門学校の建築学科を出て、どこかの設計事務所に勤めて、独立して、従来の建築家像になりたいなら、この方向性を目指せばいいと思います。きっと、協会や団体の賞とか受賞したいことでしょう。

不思議と、住宅デザインを突き詰めた先には、建築家の設計になると考えている人は多いです。だから、学校は教科書通りに、設計事務所は徒弟として従じ、独立しても従来のレールに沿い、先輩方の賞を意識します。

でも、、、方向性は、これひとつではありませんよね?

住宅デザインをするにあたり、

  • なぜ、建築学科を出てないといけないのでしょうか?
  • なぜ、設計事務所に勤めてなければいけないのでしょうか?
  • なぜ、建築家でなければならないのでしょうか?
  • なぜ、一人で考えなければならないのでしょうか?

デザインは誰のものでもないわけですから、クオリティが保てるなら、どんな方向性があってもいいと思ってます。先人から学ぶこともあるけど、先人が全てではないですからね。

『業界の常識』を一度疑って、再構築しよう!

2017.07.31

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。