なぜ『北欧の住宅デザインは良い』という前提になっているのか?

以前、『「カフェ風」は時代遅れ!?』というメルマガを書いたことがあります。

その結論として、「嘘をつくデザインは時代遅れ」とまとめましたが、そういう風潮は住宅業界でも少しづつ起きてるようです。

メモがてらにシェアしたこちら↓の記事では、とある工務店の北欧風の在り方について、取り上げられています。”なんちゃって”を許さないつくり手のこだわりです。

理想の家のイメージを実現したい筆者は、「なんちゃって北欧風でお願いします!」と伝えます。

「いや、北欧風とはいえません……」と話がかみ合わなかったことも、今となっては笑い話。

ヨーロッパを旅して本物を見て学んだ建築士さんの前で、”北欧風”と語る事は許されませんでした……。

一昔前に比べると、情報や交通のインフラが整ってきたため、ネットで調べたり、実際に足を運んだりして、本物に触れることができやすくなってきています。なので、本物を知っている方がいるのは当然のことです。

当たり前の話ですが、本物志向の前ではパチもんはかないません。

「◯◯風」と表現するのは、言いやすさ手軽さもあるんでしょうが、「北欧風」とうたっているほとんどのつくり手は、北欧の家を建てたこともないし、北欧なんて行ったことないですからね(笑)

工務店や設計事務所に北欧テイストが取り入れられはじめてから、10年以上は経っていると思います。まだまだ取り入れられてない過渡期には通用した「北欧風」も、今では溢れかえっているテイストなので、安易に「北欧風」という表現をしてしまうと、主体性のない安っぽさを感じますね。

そもそも、なぜ北欧テイストの方が良いということになっているのでしょうか?その部分を改めて考える必要はありますよ。

日本のものづくりの傾向って、ゼロから生み出すより、他のモノを取り込んで、より上手くパクる技術が高いわけですから、「北欧っぽさを取り入れた」とか「北欧の雰囲気を取り入れた」などの表現程度にとどめ、独自のデザインテイストを生み出した方がいいのでは?

似たように真似するのではなくて、「取り入れ方」を学ばないと、独自の世界観はなかなか築けないでしょうね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。