新築当初はこの間取りでいいと決めたはずなのに!?

日経アーキテクチュアで
取り上げられていた
面白いデータです。

建て主の95%が間取りを「やり直したい」
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/bldnews/15/080401557/

95%の方が間取りを
「やり直したい」と
思っているらしいです(笑)

しかも、、、

築年数10年以内が30.5%、
11~20年も30.5%と、

20年以内で過半数超えという、
上位の割合を占めています。

その不満として多いのが、

駐車場に不満が73.4%

「玄関から離れていて不便」
「狭くて車を出し入れしにくい」
「屋根を設けておくべきだった」

玄関に不満が71.9%。

「収納不足」「暗い」
「通風が悪い」「寒い」

 

こういった不満が起きるのも
必然ですよ。

多分、新築当初は
この間取りでいいと思って
決めていたことでしょう。

限られた土地の広さに、
限られた予算、

その中で、少しでも広く
敷地いっぱいに建てようとし、

リビングや
寝室や子ども部屋などの
広さを求めたら、

自然と、外構はおろそかになり、
玄関は狭くなります。

部屋の不満の方が少ないのは、

駐車場や玄関に比べ、
滞在時間は多いですから、
不便でも慣れてくるんでしょう。

「住めば都」ってやつです(笑)

 

読みながら、

「設計事務所だと、外構や玄関まで
しっかり考える方は多いのになぁ???」

と思っていたら、、、

回答者の住宅を手掛けたのは

・大手ハウスメーカーが24件
・工務店が39件
・設計事務所が1件

でした(笑)

このズレは、設計という言葉が、
それぞれで共通言語になっていない
証拠な気がしますね。

建て主の95%が間取りを「やり直したい」
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/bldnews/15/080401557/

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。