見せるだけのショールームは時代遅れ

たまに、 「モデルハウスは建てた方がいいのかどうか?」 という質問を頂くことがありますが、建てる建てないで言ったら、 建てた方がいいです。 別に常設でなく、 後で販売する建売パターンでもいいので。

建てた方が良い理由は、 「体験できる」から。これにつきます。

毎月見学会できるぐらいならいらないかもしれませんが、見学会ができる回数も限られてて、コンセプトが明確な個性ある家を建ててるなら、なおさらです。

最近は、住宅業界でも「体験」が重要視され始めて、合同で展示場出店したり、宿泊体験できる展示場だったりと、チカラをいれてるところもお見かけします。

ですが、、、

冒頭で「建てた方が良い」と言っておきながら、「ただ建てればいい」というものでもなかったりします。つまらない展示場やモデルハウスを建てても、効果がないことは証明されていますからね(笑)

大事なポイントは、「巻き込む」ことです。

多くの人が「場=見せるもの」だと思っているんですよね。この感覚は遅れてますよ。今や場の在り方は、視覚化から体験化へとシフトしてきています。

実際、モノづくりがベースになっているところは、体験を取り入れた場所をつくり始めています。そのことを考えると、ただ小綺麗に飾ったショールームはもう時代遅れですよ。

見せるだけのショールームは時代遅れ

これまで色々な工務店のショールームを見てきましたが、もう、設備カタログや建材カタログのように、ただ見せるだけのショールームは時代遅れですよ。ちょっとオシャレなインテリアを取り入れたからって、大したことありません。

モデルハウスとは違い、家の形を想像できないショールームは今、中途半端な存在になってしまってるんです。

そもそも、モデルハウスせよショールームにせよ、場をつくるのは、自分たちの存在を知ってもらって、いざ家を建てるとなったとき、声を掛けてもらえるようにすることだったり、集客のためですよね?

だったら、まずモデルハウスやショールームをつくる時から、体験に巻き込んだ方が良いわけです。完成してからお披露目するのではなく、出来上がりの過程を一緒に体験するということです。

体験の方法は色々ありますが、わかりやすいのはDIYでしょう。塗ったり、つくったり、貼ったり・・・家を建てる時の楽しさやワクワク感を体験させることで、その感覚をお客さんと共有するってことです。

完成後は、ワークショップをして巻き込んでいきましょう。塗ったり、つくったり、貼ったり、簡単にできることはたくさんあります。ショールーム自体を実験所みたいな場所にして、ワークショップを通じて、常に作り込んでいくような仕掛けがあってもいいですよね。

ワークショップ的な仕掛けは、何も今に始まったものではなく、10年以上も前からあることです。でも、大半の会社は

  • 面倒くさい。
  • 今すぐ客にならない。
  • つまらない。

など理由にやらないですし、やっても続きません。

ワークショップには、認知や集客という目的はありますが、最も大事なのは、信用を築くことです。

そりゃ、面倒くさがってたら、無理でしょう。今すぐ売りこもうと思ってら、引かれるでしょう。楽しんでなきゃ、続かないでしょう。

こういった、一方的に取り組むのではない、見込み客や施主を参加させ、き込みながらつくるやり方って、お客さんとの関係が対等でないと実現が難しいんですよね。

対等でないと、上辺だけになりやすいです。さくっと言ってしまえば、「お客様」なんて呼んでいるようでは、本当の意味での「巻き込み」は実現できないのです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?