建築中は自分の家という実感が持てない!?

女性向けサイトで、
連載されているこの記事、
面白いので読んでます。

▼家モチ女子は、お嫌いですか?
http://wotopi.jp/archives/60668
(来月9月で最終回のようです。)

おひとり様の会社員(女性)が、
40歳で都心に「7坪ハウス」を建ててみた。

という話なんですが、

今号では、

「地鎮祭、面倒くさい」
「一体いつになったら着工するわけ?」
「どんどん狭くなっていく我が家」

といった、出来上がる過程を
つづられています。

その記事の中で、
気になる文章があって、、、

建築中はどうも
自分の家という実感が持てず、
勝手に中に入るのはもちろん、
ミーティングの際にも
「おじゃまします」と
人の家に入る感覚だった。

建築中は自分の家という実感が持てない・・・

こういう感覚の人は
たしかに多いですね。

現場自体が入りづらい雰囲気ですし、
全部をつくり手に任せっぱなしだと、

そんな感覚にさせてしまう環境に
なってしまいやすいです。

ただ、建築中に自分の家という
実感を感じられたほうが
満足度は上がりやすいですので、

自分の家という実感を
沸かすための仕掛けも求められてきます。

一番わかりやすいのは、
家の一部を、施主と一緒に
DIYするってことでしょう。

完成した家をただ引き渡されて、
自分の家と感じるのと、

工事の一部を実際にやってみて、
その後、引き渡されるのとでは、

深みが違いますからね。

▼家モチ女子は、お嫌いですか?
http://wotopi.jp/archives/60668
(来月9月で最終回のようです。)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。※現在、お休み中ですが、特別な案内があればお送りしています。
メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。