住宅ニュースをピックアップ【2017年8月27日号】

【1】世帯数の減少と住宅メーカーの戦略。ユーザーにとって、新築住宅は狙い目か

住宅業界のサイクルの遅さに加え、大手は決断に至るまでのスピードが遅いので、大手住宅メーカーが戦略として取り入れるころには、遅いんですよね。大手は遅くても資本力のパワープレイでカバーできますが、小さな会社が大手住宅メーカーをベンチマークにしていても、意味がありません。大手住宅メーカーがやらないことをやっていかないと廃れる一方です。

【2】2017年夏、日本各地を襲った水害。大損害を受けないための住まい対策とは?

現在の家のつくり方では、住宅だけによる水害対策には限界あるので、結局のところ、良い土地を選ぶしか回避策はない気がします。土地の価格は地方でも数百万円するのに、その土地の歴史も加味された詳細な土地情報って、一般の方はなかなか目にしません。最近になってようやく不動産情報にブロックチェーンが活用され始めているので期待したいところです。

【3】家選びのポイントと年収の関係とは?30代~50代の男性を対象に調査

価格は重要なポイントですが、一番重視するポイントに挙げる人は、600万円未満という偏りがあります。と言っても30%を超えてませんし、「所要時間」も同じように上位を占めている

【4】リノベーションの人気アイデア9選。DIYのヒントにも!

そのアイデアは、リノベーションも注文住宅も大してかわらないないのですが、リノベーションの方が施主の意識が高い方が多いのか、見せ方が上手い気がします。

【5】家具から内装まで、だれもが空間づくりを学べる拠点「KILTA(キルタ)」をつくる

体験できる工房が増えてきています。巻き込む魅力と信用があれば、クラウドファンディングでお金も集められます。もはや見せるだけのショールームは時代遅れですね。

【6】設計図より狭くない?「7坪ハウス」の女主人が着工後に感じた不安

おひとり様の会社員(女性)が、40歳で都心に「7坪ハウス」を建ててみた。という企画自体も面白いのですが、この施主自体が文章を書ける人なのも大きいですね。施主の魅力を活かし、どう巻き込んでいくか?大事な視点ですね。

【7】~暮らしのアイデアがつまったライフスタイルブック~『IKEAカタログ 2018』のテーマは“やっぱり、家がいちばん” さらに進化した「IKEAカタログ」アプリも配信開始

『IKEAカタログ 2018』のテーマは“やっぱり、家がいちばん”ですので、自分らしく快適に過ごせる場所や、大切な人々と一緒に過ごすための空間にフォーカスし、リビングルームの新たな考え方を提案してくれています。オンライン版カタログの見せ方も参考になりますよ。

【8】せまくても機動力UP。もっと料理が楽しくなるキッチンづくり

無印良品の「壁に付けられる家具シリーズ」はDIYも可能なので、下手に造作して作り込むより、使い勝手がいいです。利用者がその様子をブログでアップしているのが、いい参考記事になっていますよ。

【9】建て主の95%が間取りを「やり直したい」

95%の方が間取りを 「やり直したい」と 思っていて、その内、築年数10年以内が30.5%、11~20年も30.5%と、 20年以内で過半数超えという結果です。その不満として多いのが、駐車場に不満が73.4%、玄関に不満が71.9%。

多分、新築当初はこの間取りでいいと思って決めていたことでしょう。 限られた土地の広さに、限られた予算、その中で少しでも広く、敷地いっぱいに建てようとし、リビングや寝室や子ども部屋などの広さを求めたら、自然と、外構はおろそかになり、玄関は狭くなります。 この不満は起きて当然ですね。

【10】すてきな子どもの写真を撮るための5つのコツ

住宅の写真を撮る際も、子どもは鉄板です。良いカメラマンは、子供との距離感を上手く取りますよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。