マンガの見せ方にもピンキリ!?

先週はあちこち出ずっぱりで、
土曜の夜に東京に戻ってきました。

土曜日は完全に
声がおかしかったので、
ヤバイなぁと思っていたら、
日曜日は軽くダウン(笑)

季節の変わり目で、
風邪を引きやすい時期なので、
体力不足ってところです。

 

さて、、、

とある工務店の方と、
夜、一緒に食事をしていた時に
話題になったのが、

マンガ話でした。

オススメマンガの話から、
「スラムダンク」の話題になり、

年齢差があっても
共通の話題になるなどの
話が上がる中、

「ビジネス書はマンガで
読んだほうがいい?」

という話になりました。

個人的な考えでは、
ビジネス書は文字だけの方が
読みやすいと思っています。

例えば、、、

神田昌典の有名な著書、
「非常識な成功法則」も
マンガで読めます。

http://amzn.to/2vOn49F 

実際に読んでみると、
最初に文字だけの本を読んだ時ほど、
中身が入ってこないのです。

これは個人差があると思うので、
読みやすいという方もいると思います。

ただ、スラムダンクを始め、
ジャンプ全盛期の頃から、
マンガを読んでる自分としては、

コマ割りや展開など、
マンガのクオリティが低い気がして、
スムーズに読み進められなかったです。

4コマ程度ならまだしも、
ストーリー形式で読ませる長編になると、
そういった差が見えてくるのかもしれません。

30代は特にマンガ世代ですからね・・・
表現に敏感かもしれませんよ!?

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。