一週間のつぶやきをまとめてみました【2017年9月18日号】

【1】10分で完成、持ち運び式の家が話題に 英

コンテナぐらいのサイズが、左右に展開し、壁が現れ、家に変化します。外でも使用が可能なようなので、雨仕舞も一応ちゃんとしているようです。ただ、持ち運び可能な家を、誰もが持つべきだと主張しているわけではなくて、生活向上につなげるためのツールと述べられています。

【2】parkERsとマイリノが業務提携 中古マンション リノベーション業界初! 緑と暮らすために特化した本格リノベーションプランを提供

都心中古マンションの物件選びからリノベーションまで、ワンストップでサービスを提供しているグローバルベイスがベースなんでしょうけど、単なるリノベだけでは印象に残らなくなってきてますからね。わかりやすい切り口のひとつに「緑」は最適ですね。ただ「緑」は、住む方からすると、思っている以上に手入れが大変なので、細かいサポートがあると、心強いですね。

【3】グローバルベイスと株式会社ユナイテッドアローズが アパレル業界初フルオーダーリノベーションサービスで協業

こちらも上記と同じグローバルベイスが絡んでいます。同じターゲット層の囲い込みを考えたら、魅力的なコンテンツをもったところとの協業は増えてくるでしょうね。

【4】鏡のある窓

狭い空間で、鏡を使って広く見せる方法は昔からありますよね。広さの感覚って数字以上に体感の方が影響ありますからね。

【5】住宅に工作機械、IoTの波に乗り拡大するCEATEC

「家・ライフスタイル エリア」に結構出店してますね。

【6】平屋専門住宅展示場オープン

一昔前の住宅展示場はどんどんリニューアルしたほうがいいですよ。展示場そのものにお金を掛けるというよりは、足を運ぶ理由(コンテンツ)にお金を掛けた方がいい時代。

【7】松本市美術館にて子供ワークショップ「インスタント建築」か行われました。

ワークショップに求められるのは、体験以外だと、今の暮らしが豊かになる「何か」です。

工務店・リフォーム店向け/新規客を引き寄せるVIP顧客の集め方

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。