家族が幸せになる暮らしを提供しておきながら、自分が幸せでない!?

住宅には関係のない話ですが、オーストラリアにあるエアーズロックが、2019年から登山できなくなるようです。

2012年だったか、オーストラリアに行った際、エアーズロックにも行ってきたのですが、時期が11月でその日は気温が高くて、登山禁止命令が出てしまい、断念せざるをえなかったんですよ・・・

2012年当時はまだ会社員だったため、お盆でも正月休みでもない時期に、1週間休みを取ることが大変でした。周りからのイヤミとか(笑)ただ、ずっと「行ってみたい」という気持ちがあったのと、その時ちょうど親族がオーストラリアに住んでいたので、「この機会だ」というタイミングだったんですよね。

ただ、半年前に予約し、「この期間は休む」と宣言していても、何故か仕事がふってくる・・・なので、オーストラリアにいながら、ちょっとだけ仕事をしていたという始末。有給も代休も存在しないブラックさにヘドがでます(笑)

今なら、時間に融通がきくので、禁止になる前に、来年か再来年の涼しい時期にまた行こうか検討中。ただ今は海外よりも、国内の人口の少ない地方に興味があるんですけどね(笑)

家族が幸せになる暮らしを提供しておきながら、自分が幸せでない!?

そういえば、先日、ブライダル系で働いていた人の話を聞く機会がありましたが、ブライダル業界もかなりのブラックですね(笑)家族が幸せになる暮らしを提供しておきながら、自分が幸せでないというお粗末さでした・・・

住宅業界も似ていて、働いていて不思議だったのが「働き方」です。最近は少なくなりましたけど、GWやお盆、正月などの一般の方の休日に、働いているのは異常です(笑)通常時の土日に働くのはわかりますが、GWやお盆、正月などを交代制で出勤しているのには、「意味があるのか?」と思ってしまいます。

ただ、そんなこと書いてる自分は、会社員時代は、正月2日からすすんで働いていたというブラック社員でした(笑)(1日は会社が入ってるビルが休みのため、やむなく2日から・・・)

ただね、、、住宅業界で働いている営業系の人も、GWやお盆や正月に休みたい人は多いでしょうし、自分が幸せでないのに、他人の幸せを願い、提案できるほど、心は深くないはず。そんな仏の心を持つお方はいないでしょう。

余談ですが、労働時間と知的好奇心は関係しているみたいで、労働時間が多いと、知的好奇心は低くなるようです。休むことで大事ですね。

提案者自身の幸せは、提案内容にプラスになる!

住宅の場合、機能・性能などの建材や、意匠デザインなどのスキルとは別に、提案者(担当者)の「人間力」みたいな部分も影響してきます。アスリートで言うなら、試合でパフォーマンスを発揮するためのメンタルに近いかもしれません!?

例えば、

  • 子育てをしたこともないオジサンが、これから家族を築こうとしている若い世代に「子どもの・・・」なんて提案しても、響かないでしょう。(本人は子育てしたと思い込んでいるオジサンも多いですが(笑))
  • 家庭が上手くいかず離婚して、その後独身の人に、これから家を建てる家族のライフスタイルを提案してほしいとは思わないでしょう。
  • 独身者でも恋人ができれば、理想の家族像を夢見たりして、提案内容にも影響してくるでしょう。
  • 恋愛に限らず、心にゆとりができれば、変化を受け止められる寛大さが出てくるでしょう。

などなど、そんな心と体のバランスのズレをずっと感じています。

ワークライフバランスには興味ないけど、ライフスタイル系の仕事って、遊びも仕事も楽しんでる人の方が魅力的になりやすいと思いますよ。

もし、夢中になれない仕事なら、夢中になれる仕事を複数つくったり探せばいいと思う。それが無理なら、雇われてる気持ちを忘れず、稼ぐための手段と割り切って勤めればいいとも思う。ベーシックインカムなどが設けられ、「生活の安定」と「生きるためのやりがい」が、分けられるといいんですけどね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。※現在、お休み中ですが、特別な案内があればお送りしています。
メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。