あなたが提案する「自分らしい暮らし」って何?

先日、「注文住宅は機能・性能・意匠で差別化できるの?」という記事を書きましたが、もはや「機能・性能・意匠」ではなかなか差別化しにくいのが現実です。

あなたが提案する「自分らしい暮らし」って何?

注文住宅は機能・性能・意匠で差別化できるの?

2017年12月16日

そんな中で、わかりやすい切り口なのが、ファッション感覚です。ライフスタイルにも通じてくるので、非常に重要なポイントなのですが、住宅業界では意外と理解できない人が多いのも事実・・・なんとなくわかっていても、「自分らしい暮らし」みたいな抽象的な言葉で留まっていたりします。

「自分らしい暮らし」という言葉は、ライフスタイルで訴求しようとしてるつくり手に本当に多いです。けっして悪い言葉ではないし、伝えたいことはわかります。「自分らしく暮らしたくない人」なんていないでしょう。

ただ、人は、「悩み」や「願望」や「ジレンマ」や「欲求」など、いろいろな感情を複合的に合わせ持っています。そして、それらが同じレベルで並んでいるわけでもなく、解決したい・叶えたい「順序」というのがあります。

自分らしく暮らしたい」とは、誰もが持っている願望かもしれませんが、その人それぞれに、

  • キッチンは・・・
  • リビングは・・・
  • 寝室は・・・
  • 子ども部屋は・・・

など、優先したいわかりやすい願望があります。つまり、「自分らしく暮らしたい」という漠然としたものより、身近なニーズの方が心を掴まれやすいわけです。

結局、「自分らしい暮らし」という訴求は、本質的に相手の視点に立ったものではなくて、「主観」なんですよね。相手の立場になり、その相手の気持ちを理解する共感性は、あるようでないわけです。

そもそも、「自分らしい暮らし」という言葉が新鮮だったのも5年位前の話。誰でも使える言葉なので、もう響かないんですよね。「カフェ風」と同じで、マンネリ化した言葉に成り下がってる気がします。

だからこそ、あなたが提案する「自分らしい暮らし」って何なのか?そこを深掘りしていかない限り、「自分らしい暮らし」なんて、意味のない言葉となってしまうでしょう。

「コレ使ってます」「こんなデザインです」「この性能です」・・・そんなことじゃなくて、キッチンやリビングなど、わかりやすいニーズとなるスペースを、より具体的にイメージさせることも必要ですし、その家をどう使えばいいのか?その家でどのように暮せばいいのか?という提案も必要です。さらには、その方向性を神格化させるために、家以外のカテゴリーを具体的にしていき、世界観を築く必要もあります。

シンプルに言えば、写真を見て「どこの誰が建てた家」かが、わかるような「わかりやすさ」が必要ってことです。

「神格化」や「世界観」なんて、宗教じみた言葉っぽいかもしれませんが、目に見えない価値を生み出している一番の参考になる例は「宗教」ですからね。

ただ、ファッション的な切り口は、表面的にはわかりやすいのですが、こういった切り口は10年位前からあるわけで、今や当然、中身がしっかりしていなければ、大した武器にはなりませんよ。

工務店・リフォーム店向け/新規客を引き寄せるVIP顧客の集め方

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。