住宅に住んでいるんじゃない!?◯◯に住んでいる!?

「ラーメン発見伝」というラーメン漫画をご存知でしょうか?

雰囲気的には「美味しんぼ」に似てなくもないですが、ラーメン業界にビジネスコンサルという視点から切り込んだマンガなので、物語の重点は、ビジネス的な要素が強いです。原作には、連載当時ラーメン王でフードライターだった石神秀幸氏が協力しているとのこと。

ビジネス要素も盛り込まれていますので、単なるおいしいラーメンを製作する事を目的とする趣旨ではなくて、「コスト」「立地条件」「サービス」等でビジネス的に成功するラーメン店を目指す事に置いて描かれています。

なので、その本質的なことは、ラーメンや飲食に留まらず、モノをつくって販売することにも関連しているところがあります。そういう意識で読んでいると、活かせそうな考え方・捉え方がチラホラ出てきます。

例えば・・・

  • 職人芸を見せたくて、ラーメン屋をやってたわけじゃないでしょ?お客さんに美味しいラーメンを食べさせたくてやってたんじゃないんですか?
  • ラーメンを食べているのではない、情報を食べている。
  • それが唯一の正解じゃない。ボクにはボクの答えがある。
  • ラーメンの具としての美味しさと、単品料理としての美味しさは、質が違う。
  • 確かにオマエは巧みに”上手いラーメン”を作ることはできる。だが、プロは真に”旨いラーメン”を作るんだ。
  • 味噌が志のないラーメン職人を甘やかす調味料だとしたら、醤油は志のあるラーメン職人を妥協に誘う調味料と言える
  • 厨房だけがラーメン屋のすべてではない!
  • 個性こそが美味しさの源
  • 要するに、オマエには本当に作りたいラーメンがないんだよ!

etc・・・

その中でも、この漫画を有名にしたのは、このセリフかと。

「奴らはラーメンを食ってるんじゃない。情報を食ってるんだ!」

「情報を食ってる」というのは、口コミサイト、SNSなど、あらゆる情報が味につながっているという、キレイ事だけではない部分もあります。(その辺は漫画の中で描かれています。)この辺は集客にも絡む話で、その部分を理解しているかどうかで、情報の扱い方も変わってきます。「住宅に住んでいるんじゃない。情報に住んでいるだ!」的な・・・

こういった考え方・捉え方を始め、読めば読むほど、「これ、注文住宅でも同じこと言えるのでは?」と参考になることが多々あります。ラーメンも注文住宅も総合芸術ですからね。

「個性こそが美味しさの源」「要するに、オマエには本当に作りたいラーメンがないんだよ!」という部分では、正しい独学の仕方とか、オリジナルの個の魅力について、描かれていますし、

「確かにオマエは巧みに”上手いラーメン”を作ることはできる。だが、プロは真に”旨いラーメン”を作るんだ。」という部分では、価値を生み出すことの大事さや、上手につくることでは売れない厳しさが描かれています。

ラーメンと注文住宅、「関係ねーだろ」と無視するか、「考え方・捉え方」の参考にするかは、読み手の器次第ですが、「厨房だけがラーメン屋のすべてではない!」ということですからね、住宅でも同じことかと(笑)

また、話の中で、とんこつラーメンが売れないという話も出てきますが、その本質を、住宅の話で例えとして活用してる方もいますから、やはりラーメンと注文住宅、近いものがありますよ。

まだ、読んでない方は大人買いしてみてください。

「ラーメン発見伝」全26巻。

ラーメン発見伝の続編「らーめん才遊記」

ラーメン発見伝の続編「らーめん才遊記」もあるので、こちらも要チェックです。全11巻。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【12月11日開催】経営のシンプルな法則を知るだけで業績が良くなる!

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。