注目している注文住宅のキーワード「広さ」「収納」「子ども部屋」「エクステリア」

これからの注文住宅を考えた時、押さえておくべきポイントがあると思っています。

  1. 広さ
  2. 収納
  3. 子ども部屋
  4. エクステリア

あまり詳しくは書きませんが、過去記事を読むと、なんとなくの傾向はわかるかと・・・

広さに関しては、少し前にこんなことを書いています。

敢えて小さくする「敢小住宅」

2018.01.23

子ども部屋も、広さの話に絡んできますね。

収納に関しては、「病気」と言ってます(笑)

収納や整理術のノウハウは、永遠に流行があり、その在り方が何だか「風邪」みたいなんですよね。収納や整理術のノウハウは、「風邪をひいたから、薬を飲む」みたいな感じです。でも、医者自身は風邪をひいても薬は飲みません。さらには、常日頃から免疫力を高めることを勧めています。

モノが片付かないから、広い家を求めることは、より強力な風邪薬を欲しがっているのと一緒な気がします。たとえ飲んで一時的には治っても、慣れてしまうと、次に症状が出た時には、さらに強力な薬が必要になる・・・

収納絡みのモノが多くて片付かないことは、病気ですよ。予防が大事。

エクステリアに関しては、少し前にこんなことを書いています。

エクステリアを「家の化粧」と言ってみた。

2018.02.18

もちろん、これらは個人的な主観ですし、絶対的な傾向ではないですが、考え方の一つとして求められていくと思っています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。