住宅に求められることは、家族というコミュニティの充実!?

先日、『脱住宅「小さな経済圏」を設計する』という本を紹介されている記事を読みました。

本の内容は、社会全体がごくごく当たり前のように信じている「1住宅=1家族」という、そもそもの前提を疑い、「1住宅=1家族」システムから「地域社会圏」システムへと、住み方の大転換の試行と提案しているというもの。コミュニティってやつです。

紹介している記事にも言葉が出てきていますが、ここ最近やたら「コミュニティ」という言葉を目にするようになりました。ただ、その大半は、外部にある他者との交わりのことを差しています。

もちろん自分自身も数年前から、外部にある他者との交わりのコミュニティの大事さを挙げていました。ですが、最近ちょっと思考が変わってきています。

なぜ、外部にある他者との交わりのコミュニティを求めてしまうのだろうか?

その答えの大半は、「家族という身近なコミュニティがイマイチだからなのでは?」と感じています。

個人的に、家族という形にはとても懐疑的です。Twitterでも書きましたが、一個人だとかなり自由なってきた「住」も、家族になってしまうと、住の自由度はなくなり、ライフスタイルに制限ができてしまいます。

大半の家族は数年もすれば、情でくっついてるようなものですし、当たり前の存在になってしまい、ただ同じ空間で時間を過ごすだけみたいな感じになってますからね(笑)不平不満を感じてリセットしたいまでは思っていなくとも、足りない何かを感じていたりするのでは?

だから、家族という身近なコミュニティをよそに、外部にある他者と交わるコミュニティを求めてしまうのかもしれません。浮気や不倫だってコミュニティですからね(笑)

住宅に求められることは、家族というコミュニティの充実

多分この先、住宅に求められることは、家族というコミュニティの充実だと思っています。

人が生きていく上で他者の関わりを避けることはできませんが、外部にある他者と交わるコミュニティを皆が求めているかというとそうではありません。価値観の合わないコミュニティや、距離感をコントロールできないコミュニティは、ストレスを感じてしまいます。

だから、外にコミュニティを求めるより、まずは身近なコミュニティの充実だろうと感じています。

家族という身近なコミュニティの充実を実現するには、

  • 要望通りの家を建てることとか、
  • 使っている素材がどうたらこうたらとか、
  • デザイン性がどうたらこうたらとか、

ということだけではないことは確かです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。※現在、お休み中ですが、特別な案内があればお送りしています。
メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。