愛されるキャラか?頼もしいキャラか?

最近は、野球を観ることもなくなっていますが、ここ最近、スポーツ系のテレビ番組でよく見かけるようになった落合さんの話はやはり面白い。

選手としての実績、監督としての実績に加え、野球の本質を論理的に掴んでいて、かつ一般の人にもわかりやすいよう、シンプルに話してくれるからでしょうか?つい、聞き入ってしまいます。

「本質を論理的にシンプルに伝える」ということは、専門的になればなるほど、経験値を積めば積むほど、求められるスキルでしょう。

ですが、この場合、頼もしさはあるけど、愛されにくいんですよね(笑)落合さんが中日の監督時代、チームは強かったにも関わらず、つまらないと言う人も結構多かったです。

長嶋茂雄さんみたいに、「グッと来た球をガッと打って」というオノマトペで伝える人だと、愛されやすく、バラエティ的にもいいんですが(笑)ただ、受け止められる人はごくわずか。オノマトペで伝えると、大人には共通認識が難しいんですよね。(子育て術としては良いみたいですが。)

住宅系で言うなら、なんとなくですが、建物探訪で住宅を伝える渡辺篤史さんは、どちらかというと長嶋茂雄さん寄りかと(笑)

  • 本質を論理的にシンプルに伝える(頼もしい)
  • オノマトペで感覚的に伝える(愛される)

これはセルフイメージにも繋がる話で、どちらの路線が正しいとかではなく、似合う似合わないもありますし、どちらか一方に偏る人も少ないと思います。バランス良く、自分自身で見つけていきましょう。

そんなことを思いながら、ふと昔読んだ、「采配」を思い出しました。「野球を題材にしたビジネス書」などと例えられるほどの有名な本です。まだの方はぜひ読んでみてください。

その落合さん、最近ではスカパーのCMにも出ていますが、その内容も面白いです。

第四弾となる今回の動画では、落合さんがこれまでの序盤戦のトピックを振り返り、全球団について球団別に語っています。(動画の順番は、セ・パで、6月6日終了時点の順位順にしています。)

広島東洋カープ篇

横浜DeNAベイスターズ篇

読売ジャイアンツ篇

阪神タイガース篇

東京ヤクルトスワローズ篇

中日ドラゴンズ篇

埼玉西武ライオンズ篇

北海道日本ハムファイターズ篇

福岡ソフトバンクホークス篇

オリックス・バファローズ篇

千葉ロッテマリーンズ篇

東北楽天ゴールデンイーグルス篇

過去の動画はこちらからご覧ください。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。