2018年6月4日~6月10日のつぶやき

【1】コンビニ感覚「トランクルーム」増殖中 狭い家の物置代わり

【2】「ZEH住宅」補助金申請の落とし穴【ハウスメーカーに5年勤めて分かった!】

【3】住宅メーカー、営業態勢を強化 増税前の駆け込み需要喚起

【4】閑古鳥の住宅展示場、それでも変わらぬ体質

【5】木材の柱と柱を渡し、簡単に収納力をアップする“伸縮自在な鉄製ロッド”が新発売

【6】建設業界は「喫煙率が高い」「強面が多い」「女性活躍は無理」「週休2日は無理」って本当?

【7】若年層に人気、中古住宅+リノベの市場は今後3年で5割近く増える

【8】これから給料が「下がる仕事」「上がる仕事」全210職種【表一覧】

【9】キャバ嬢は10年で絶滅する? 衝撃投稿に若者「金払って気を遣うのはムリ」

【10】1人暮らしの約半数がIoT化を希望?!賃貸物件の付加価値の高め方

【11】注文住宅新築世帯、平均購入資金は4,334万円…住宅市場動向調査

【12】木を熟知した宮大工が「非効率な施工」にこだわり続ける理由とは?

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。