値上がりに反発し、無理して安くすることよりも、価格以上の価値をつくることが必要

今世間的にはデフレだったかと思いますが、注文住宅の建築費は上がっていく一方ですね。

ここで、小さな会社が「良いものをより安く」なんて大義を掲げるのは、カッコいいかもしれませんが、首を絞めるだけのことですよ。そんなことは大手に任せればいいのです。

値上がりに反発し、無理して安くすることよりも、価格以上の価値をつくることが必要なんですよ。

そして、これからの注文住宅は、つくり方が変わらない限り、確実に狭くなりますよ。同じ金額でも建物は小さくなります。なので、広さに対する対応力が弱いと、確実に損をするでしょうね。

大半の方は、出せる予算のアッパーが決まってるわけですから、当然、掛かるコストが上がれば、家の広さは狭くなります。

  • 消費税アップ
  • 新製品や新技術
  • 人件費の高騰

などなど、コストが上がる要因はたくさんあります。逆に下がる要因は、見当たらないんですよね(笑)

また、家の仕様を考えても、

  • 素材
  • 性能
  • 外構

など、ケチらない方がいいところだってあります。

家をコンパクトにして、コストダウンするのが、自然の流れ

そうなると、家をコンパクトにして、コストダウンするのが、自然になってきます。

広さを優先して、ケチらない方がいいところまで、コストカットしてしまうと、それはまぁ、見事に貧素な家ができあがります・・・

なので、良質を保つなら、コンパクトな家でも、狭さを感じさせないつくりは、必須になりますよ。

モノを持たない生活のミニマリストは、自信とこだわりがある分、一般的な消費者よりも、衣食住にお金をかけている傾向が強いとのことですから、コンパクトさを求める人も似たようなことが言えるのでは?

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。