急性虫垂炎で入院していました。

先日、突然の腹痛に見舞われ、1週間ほど、急性虫垂炎で入院していました。

入院中の腕ベルト

手術ではなく抗生剤での治療で、ようやく退院できたところです。抗生剤での治療の場合、手術による摘出ではないので、再発は30%ほどらしいです。

腹痛時、まずは町医者に行き、診断後救急車を呼ばれ、救急病院に搬送。検査後即「入院してください」とな・・・

急な入院は構わなかったけど、何件か期日間近の仕事があったので、「病院内にパソコンを持ってきて仕事できますか?」と聞いたところ、Wi-fiも完備されておりOKとのこと。

入院して、キツかったのは最初の1~2日程度で、それ以降は、腹痛はありつつも、他は元気なので、普通に仕事していました。

ただ、普段の環境よりは劣るため効率が悪いので、やらなくてもいいものはやらず、優先的な仕事だけに絞り、数時間だけ仕事をしていました。

余計なことができない分、あれこれ考えをまとめる時間に使うことができたのは大きかったです。普段、アイデアの片鱗が頭の片隅あっても、なかなかまとめようとする時間を後回しにしてしまうものです。

たしか、某ハウスメーカーの創業者も、大学時代の入院時に、病室の天井を見つめて「木質パネル接着工法」を思い付いたとか(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。