利益を出すためのチャート

マーケティングの話の中で、「売上を上げるには?」という話で、いつも下記のような公式が取り上げられます。

  • 売上=客数×客単価×購入頻度

この公式は間違いではないんですが、見えてないものが多々あるんですよね。そもそも「売上」というのは、入口にしかすぎません。

しかも、売上を上げたからといって、利益(経常利益)が残るとは限りません。

以前、とある工務店の社長から、「売上を上げるために、無理して棟数を倍に増やしたことがあったけど、結局、手元に残る利益が、棟数を倍にする前とほとんど大差なかった。」という話を聞いたことがあります。

「仕事も増えて忙しくなった」なのに、「全然お金が残らない」という状況にはなりたくないですよね?

小さな会社ほど、売上より利益ですよ。

ただ、利益(経常利益)というのは、下記のチャートの様に、様々な要素で構成されています。たくさんの要素がありますが、これらの数字は、決算書からわかる部分でもあります。

利益を出すためのチャート

利益を出すための戦略は、下記の切り口から導き出されます。

経常利益を出すためには、

  • 粗利益を増やす
  • 固定費をコントロールする

粗利益を増やすためには、

  • 売上高を増やす
  • 変動費を下げる

売上高を増やすためには、

  • 売上単価を上げる
  • 売上数量を増やす

売上数量を増やすためには、

  • 新規客を増やす
  • リピーターを増やす

固定費をコントロールするためには、

  • 人件費をコントロールする
  • 経費を減らす
  • 金利を下げる
  • 未来への投資を増やす

 

それぞれの切り口でできることは、会社によっても異なってきますが、大きく分けることで、すべきことの方向性が見えやすくなります。

集客手法ばかりに目が行きがちですが、「利益を出す」ということを最優先に考えると、できることは多々あるんですよね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。