工務店の損益分岐点売上を知るには?

損益分岐点売上とは、利益0が達成される売上額のことです。

毎年圧倒的に儲けている会社であれば、自社の損益分岐点売上を、気にする必要はないかもしれませんが、赤字か黒字かの前後にあたる会社であれば、自社の損益分岐点売上は気になるところです。

求め方には大きく分けて2つあります。

損益分岐点比率から求める方法と、粗利益率から求める方法です。

損益分岐点比率から計算する方法

損益分岐点を最も簡単に求める方法は、現在の売上高に、損益分岐点比率を掛け算する方法です。

損益分岐点比率とは、売上高に占める損益分岐点売上高の割合のことを指します。つまり、固定費を粗利益で割り算したものが、損益分岐点比率です。損益分岐点比率は低いほど不況抵抗力が強く安全と言われています。

一般的な数値の目安としては、

  • 100%以上・・・危険水準
  • 90%以上・・・改善が必要(売上や粗利増加対策、固定費削減対策が必要)
  • 80~90%・・・標準水準(景気によって左右される可能性はある)
  • 80%以下・・・安全水準(景気など外部要因に対しても比較的強い)

とのことです。

そして、その比率を、現在の売上高に掛け算すると、損益分岐点売上が算出されます。

  • 損益分岐点比率(%)=固定費 / 粗利益 ✕ 100
  • 損益分岐点売上高 = 売上高 ✕ 損益分岐点比率

例えば、売上高が3億円で、損益分岐点比率が85%だとしたら・・・

損益分岐点売上は、3億円✕85%=2億5500万円 ということになります。

粗利益率から計算する方法

こちらは原始的な方法ですが、経常利益を0にして計算する方法です。

経常利益を0として考えた場合、固定費と同額の粗利益を稼げばいいことになります。

そして、その粗利益を粗利益率で割り算すると、損益分岐点売上が計算できます。

  • 粗利益率(%)= (粗利益 / 売上高) ✕ 100
  • 損益分岐点売上高 = 粗利益 / 粗利益率

例えば、固定費が7000万円で、粗利益率が28%だとしたら・・・
(経常利益を0なので、固定費と粗利益が同額)

損益分岐点売上は、7000万円/28%=2億5000万円 ということになります。

こちらの方法のほうが、目標の利益から、必達の売上高を逆算しやすいです。

例えば、経常利益1000万円を目指すとなると、

(7000+1000)万円/28%=約2億8600万円ほどになります。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。