工務店の赤字経営を黒字化するための順番

以前も同じようなことを書きましたが、赤字経営を黒字化するための最初の一歩は、「無駄やロスをなくし、収支をマイナスからゼロに持っていくこと」です。決して、売上拡大ではありません。

優先する順番を挙げると、

1.無駄やロスをなくす

赤字経営で売上拡大はダメ!?工務店の赤字経営を黒字化する最初の一歩とは?

2018.11.05

2.利益率を改善する

利益率が低い工務店は創意工夫をして品質向上を図ろう!

2018.11.13

黒字化していくには、目標となる数字(赤字→利益ゼロ)を掲げ、無駄やロスをなくす意識と、利益率の改善意識の定着が必要です。

業績が悪化する会社は、利益目標がなく売上重視で、コストコントロールもなく無駄やロスが多かったりします。

TKC経営指標によると、黒字工務店の限界利益率(粗利益率)の平均は、28.6%ですから、その粗利益率より低い場合は、見直しが必要です。

3.売上拡大

無駄やロスをなくし、利益率を改善し、利益ゼロに回復した後に、資金もメンタルも余裕をもって売上拡大していくのが、正攻法と言われています。

ですが、赤字経営でよくあるのは、「とにかく集客だ」「とにかく売り込め」と、無駄やロスをなくす前に、利益率の改善をする前に、売上拡大に躍起になるケースです。

1棟当たりの粗利益額はそれなりにありますから、そうしたい気持ちもわかりますが、皮肉にも、この選択は間違っているのです。

なぜならそういう場合、赤字経営に浸かる前から、「とにかく集客だ」「とにかく売り込め」という安易な売上拡大戦略をしていたりします。なので、その戦略そのものが、赤字経営の元凶になっている可能性が高いのです。(そう簡単に集客できて売れるなら、はじめから赤字経営になんてなっていないでしょう。)

赤字経営にも関わらず、集客したいから広告宣伝費を掛けまくっていたり、営業マンを雇ったりして、余計に固定費が掛かり、自転車操業の末、倒産するケースなんて、工務店にはよくあります。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。