初歩的だけど間違いやすい粗利益率の計算

粗利益率の計算で間違いやすいパターンがあります。

例えば、原価1500万円で粗利益率を30%とるためには、見積はいくらになりますでしょうか?

1500✕1.3=1950万円?

・・・ではないですよ。 1950万円だと粗利益率は約23%になってしまいます。

正しくは、「見積額=原価/(1-粗利益率)」なので、1500/(1-0.3)=約2143万円となります。

意外とこの計算を間違える人は多いです。(私自身も会社員時代間違えていました。笑)

この辺りの公式は以下の通りです。

  • 見積額-原価=粗利益額
  • 粗利益額/見積額=粗利益率
  • 原価/原価率=見積額  ※原価率=(1-粗利益率)

注文住宅の場合、見積額から計算するというよりは、原価がわかって利益を乗せて見積もりを出すというケースが多いので、上記の例で計算することが多いと思います。上記の例はまとめた金額で取り上げていますが、個々でも同じことがいえます。

すごく初歩的なことですが、こういった間違いをしていると、粗利益率30%を取っているつもりが、実際は23%ということになります。住宅の場合、金額が大きい分、粗利益の差額も大きくなります。上記の例だと、粗利益額の差は約193万円ですからね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。