初歩的だけど間違いやすい粗利益率の計算

粗利益率の計算で間違いやすいパターンがあります。

例えば、原価1500万円で粗利益率を30%とるためには、見積はいくらになりますでしょうか?

1500✕1.3=1950万円?

・・・ではないですよ。 1950万円だと粗利益率は約23%になってしまいます。

正しくは、「見積額=原価/(1-粗利益率)」なので、1500/(1-0.3)=約2143万円となります。

意外とこの計算を間違える人は多いです。(私自身も会社員時代間違えていました。笑)

この辺りの公式は以下の通りです。

  • 見積額-原価=粗利益額
  • 粗利益額/見積額=粗利益率
  • 原価/原価率=見積額  ※原価率=(1-粗利益率)

注文住宅の場合、見積額から計算するというよりは、原価がわかって利益を乗せて見積もりを出すというケースが多いので、上記の例で計算することが多いと思います。上記の例はまとめた金額で取り上げていますが、個々でも同じことがいえます。

すごく初歩的なことですが、こういった間違いをしていると、粗利益率30%を取っているつもりが、実際は23%ということになります。住宅の場合、金額が大きい分、粗利益の差額も大きくなります。上記の例だと、粗利益額の差は約193万円ですからね。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。