住宅には関係ないけど工務店経営者も「サンクチュアリ」は読んでおこう!

たくさんの経営者が絶賛し、オススメしてる漫画があります。

それが「サンクチュアリ」です。

サンクチュアリ

  • 原作:史村翔
  • 作画:池上遼一
  • 時期:1990年12月〜(単行本初版)(全12巻)

カンボジアでの戦乱で、両親を亡くした2人の主人公「北条彰」と「浅見千秋」。彼ら二人が日本に戻り、日本の腐敗した政治体制を、表(政治家)と裏(ヤクザ)の世界から変えていこうと、ジャンケンで役割を決め、そこから互いにのし上がっていくというお話。

原作は「北斗の拳」の原作者でもある「武論尊(ぶろんそん)=史村翔(ふみむらしょう)」さんで、作画は「男組」「HEAT―灼熱―」など劇画漫画の第一線で活躍されている池上遼一さん。

実写映画化、OVA化されたりして、累計発行部数は700万部に達するようです。(Wikipedia

下記、ビッグコミックのサイトで1話だけ無料で読めます。

 

ネットも携帯もない時代の話(もちろん、住宅にも一切関係ない)

日本の腐敗した政治体制を変え、「サンクチュアリ(聖域)をつくる」という野望を叶えるため、

  • 一人は、「政治」という表の世界で、その腐敗した政界でトップに上り詰めるために奮闘。
  • もう一人は、「ヤクザ」という裏の世界で、日本のヤクザを1つにまとめ上げ、巨大勢力を作り上げるべく奮闘。

と、お互い違う道を歩みます。

政治とヤクザですから、住宅の話なんて一切関係ありません。集客やマーケティングとかも。そして、第1話が1990年に描かれた作品なので、ネットも携帯もない時代設定です。

では、なぜオススメなのか?というと、この本をオススメしている人には、自分で活路を見出す人(経営者)が多いんですよ。

若い時にこの本を読み、信念を持った熱量のあるキャラやストーリー展開に惹かれ、同じように仲間と誓いをたて、一旦それぞれの道を歩んだり、再結成して経験を持ち寄ったりしている経営者が多いのです。

「サンクチュアリ」はビジョンの話!?

上記の本をあえて経営に絡めるなら、日本の腐敗した政治体制を変えるということを目指して、お互いがそれぞれの道を歩むわけですから、ビジョンの話になりそうですね。

経営者の中にも、「理念が企業の業績にどう役立つのかがわからない」と思う方は多いです。そう思っている方は、この本を読んでもピンとこないかもしれません。

企業理念は、経営者が自分自身の価値観と向き合うことから始まっていき、理念を定めることで、仕事をする上での価値基準も明確になっていきます。また、社員を同じ価値基準に基づいて判断させる「仕組み」にもなります。

なので、経営者が「とりあえず稼げればいい」みたいな安直な考えだと、それ相応の企業になり、人材もそれ相応しか集まらず、それ相応の仕事しかしません。また、社長と社員で理念が違う会社ほど、会社に対する信用は低くなりますからね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。