ケチって減る利益もある。

前回、

ケチって減る利益もある。

小規模の工務店が「安く提供しよう」と考えるのは赤字への第一歩

2019年1月6日

という記事をお届けしましたが、

最初から安くしてしまう根源って、
「お金に対する価値観」に
起因していると思っています。

例えば、カタログ一つとっても、
コピー用紙の小冊子より、
インテリアとして飾れるぐらいの
品質があったほうがいいと思いませんか?

下手にケチると、
すごく貧素になってしまいます。

今はそこまでお金を掛けなくても
できる時代です。
(思考さえ止めなければ・・・)

還元したいという気持ちは
素晴らしいと思うのですが、

どうして、売り上げる前から、
「安く」という
還元をしたがるのか???

還元するなら、
売り上げてからすればいいのでは?

また、お金という形でなくても、
色々な還元方法はあります。

例えば、、、

粗利30%ぐらいとってる工務店では、
毎年BBQを開催し、
施主を招待し還元しています。

お金は下手に貯め込むより、
回していくことの方が
求められる時代です。

経費のムダは
減らした方がいいでしょうが、

掛けることによって、
得られる利益もありますからね。

その逆もあって、ケチったことで、
減る利益もあるわけです。

時間や、品質など、
「何がお金を生んでいるのか?」
という視点を、経営者は
持っておく必要がありますね。

ケチって減る利益もある。

時代遅れの工務店経営には無駄が多い!?販管費の無駄遣いを発見しよう。

2019年1月7日


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。