高品質ブランド化は商品に関わる比重が大きい

2018年の新設着工での持家は、平成に入ってから最も低い水準だったようです。

住宅市場はどんどん縮小していってますね。今の流れでは、市場の拡大は望めませんね。こういう流れでは、各会社ともシェアの維持が必須になっています。

住宅市場は、衰退期なんでしょうかね???

個人的には、ギリギリその一歩手前である成熟期な気もしてます。

成熟期にとる基本的な考え方

  • 商品・・・付加価値での差別化
  • 価格・・・高品質ブランドと価格競争の二極化
  • 販促・・・顧客のニーズ(欲求・要求、需要)を満たす訴求

技術的には成熟してきていますし、性能や機能によっての差別化は難しくなっています。

なので、デザインやパッケージ化などの付加価値での差別化は必要です。デザイン面ではこだわる工務店も増えてきましたが、「パッケージ化」という切り口はまだまだ少ないので、狙いどころです。パッケージ化は、わかりやすさにも繋がる話ですから、注文住宅というフワッとしたサービスをわかりやすくする上でも、必要な視点です。

差別化できない場合は、価格競争に陥るしかありません。その先に待っているのは、コストダウンの追求です。小さな会社でこれを続けるのは厳しい話です。だからこそ、高品質なブランド化は必須なり、ブランドを築くための販促努力も必要になってきます。

結局のところ、商品として魅力がないと、マーケティングが成功して短期的に数字を上げられたとしても、長期的には危機にさらされます。

高品質ブランド化にするには、商品に関わる比重がかなり大きい

「高品質ブランド化」には、商品やサービスに関わる比重がかなり大きいです。多分7割ぐらい、商品やサービス絡みではないでしょうか。

商品やサービス絡みだと、

  • 価格
  • 機能・性能
  • 品質(建材・施工)
  • デザイン
  • 付帯サービス
  • ターゲット
  • 売り方(販売方法・提案方法)

などが挙げられます。

ブランド化において、デザイン面で軸になるのは、「シンプルさ」です。ごちゃごちゃしたものより、「シンプルで品がある」ものの方が、高級感を感じやすいと言ったところでしょう。

建材に関しては、数多ある建材の中から選定(キュレーション)が必要です。住み手はもちろん、作り手だって全部の建材を熟知しているわけではないため、ここの探索・追求は欠かせません。

残り3割ほどのそれ以外だと、

  • 広告・宣伝
  • 接客

などが挙げられるでしょう。

「接客」だけでブランド化もありえなくはないですが、それには社長だけでなく社員にも徹底した教育が必要です。人に教育するってかなり大変ですよ。退職するし、新規採用の場合、一から教育が必要ですし・・・

 

余談

住宅ではないですが、私の昔の同僚で、

  • 木造系住宅FC本部の法人営業
  • 制振ダンパーの営業
  • エコスマートファイヤーの販売営業(←現在ここ)

という経歴の方がいますが、今が一番売りやすいと言っています。

この商品は、暖炉系の商品の中では群を抜いて、高品質ブランド化に成功していると思います。だから、いち営業マンも売りやすいわけです。マネをされた安い類似品も出回っていますが、火を扱う安全性を考えると、しっかりとした会社で買いたいという心理も上手く働いています。

以前、エコスマートファイヤーを良い商品だなと思って問い合わせたら、元同僚が対応して、驚きの再会でした(笑)


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。