経済産業省も行政書士会も推奨している経営手法!?

PR

経済産業省も行政書士会も
2017年頃から経営推しなんですよ。

中小企業の経営手法として、
「知的資産経営」という手法を、
2017年頃から、
推奨しているようです。

それだけ「経営」に、
再注目しているということですね。

経済産業省も行政書士会も推奨している経営手法!?

小規模工務店に推奨する新しい経営スタイル「知的資産経営」とは?

2019年2月20日

知的資産経営は、

バランスシートに載らない資産など、
強みに焦点を当てるやり方なので、
方法自体に画期さがあるわけでもありません。

経営に限らず、
マーケティング分野でも、
あぶり出す方法は用いられますが、

この手のあぶり出す手法、
苦手な人も多いんですよね(笑)
つい、その場しのぎで
やってしまったり・・・

現時点の強みを
あぶり出すのもいいのですが、

・ヒト:経営者自身のブランディング
・モノ:提案する住宅のブランディング
・カネ:会社のブランディング

という視点で、

できることのレベルを
上げていくことを
優先したいと考えています。

PR
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。