工務店経営者の目の行き届く棟数を安定して継続していく。

Twitterを閲覧していたら、百獣の王・武井壮さんのツイートが興味深かったので、取り上げます。

スポーツってのは正しいって人が言ったり書かれてることやっても上手くいく事ばかりじゃないのさ。動きに癖があっても他で物理的に補完できてたり、負担のかかるフォームでも疲労をリカバリーの技術で上回る事もできる。正しい独創も武器なんだよ。

それとスポーツの指導は時に人の技術を壊す事がある。自分の身体を思い通り動かす事を鍛えてれば教えられても技術変えてもアジャストできる。でも一つのスポーツで鍛えた選手は反復で身に付けた絶妙なバランスの技術で成立してる職人が多い。そこに指導を入れると『こうしよう』が邪魔する事があるのさ

「正しい独創」という言葉がすごく引っかかたので取り上げたのですが、ただ彼は、感覚で独創を貫いているわけではありません。

実は、武井壮さんは、すごく理論派で知識も豊富な方です。頭も良く、英語もペラペラ。なのに、テレビに出始めた頃は、わざと筋肉バカキャラ演じてました。相当な戦略家です。

だからこそ、スポーツの基礎となる体の動かし方も、しっかりと理論から入っています。

この辺に関しては、2015年にTV番組「マツコの知らない世界」で語った、武井流「足が速くなるコツ」などのスポーツ理論が説得力ありすぎで、ネット上では話題になっていました。

matsuko_047.html

武井壮さんのTwitterで補足情報が公開されています。

つまり、「正しい独創」にたどり着くために、「正しい基礎」を身に着けているわけです。独創も安易にセンスだけでやっているわけではないのです。

経営者も独創に走る!?

経営者は自分の考えを持っていることから、人にあれこれ言われるのが嫌な方が多いと思います。その結果、独創に走る方が多い気がします。

独創は個性にもなるので、決して独創が悪いわけではありません。ですが、「正しい独創」にたどり着かなければ、結果には結びつかないということです。そして、「正しい独創」にたどり着くためには、正しい基礎が必要なんだと、つくづく痛感しています。

だから、「工務店経営って一体何?」というところから自問していった結果、年間20棟未満の工務店を対象にした経営勉強会を開いているわけです。

先日参加していただいた工務店経営者の方からは、このような声いただきました。

東京都/工務店経営者
損益計算書と貸借対照表の数値は数字で見てきましたが、ブロック図形で視覚化することで、イメージがしやすくなりました。
会計事務所と経営指標や現状の立ち位置などについて、あれこれ相談してきたり、自社で数値目標をつくりながら経営してますが、井内さんがEXELでつくられたシートをみて、この内容が自社でつくりたかったものだと思いました。
始めに出口さんのお話し、その後に井内さんのお話しを伺い、人に誠実に向き合ってお仕事をされてるのが実感できましたし、お考えや進もうとされてる方向が私なりにですが共有できるものでしたので、ご一緒させていただきたいと思いました。
高知県/工務店経営者
これまでいろいろと勉強会へ参加してきましたが、実直に経営と家づくりを考えていらっしゃる事が伝わりました。そこに一番共感できました。
当然、集客も大切なのですが、これまで弊社で建てて頂いたお客様の為に、健全な経営をしていくことが重要と考えていました。また、会社の方向性についても事業拡大ではなく、20棟まで(私自身が目の行き届く棟数)を目標に考えていました。自分が思う方向性とズレがなかった所が、自分の考えに少し自信が持てました。
長野県/工務店経営者
バランスシートを使って投資・回収・利益のサイクルの仕組みがわかりやすくて良かった。
自分の会社の現状と平均の数字が比較することができて良かった。
本来大切にしないといけない、家づくりの基本を忘れてはいけないこと。その次に差別化ができるということがわかった。
埼玉県/工務店経営者
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。
でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。特に井内さんの考え方はちょっと違った視点からの捉え方で、これからもっと重要になってくるであろうSNSに対しての捉え方がとても参考になり興味を引きました。出口さんも経営面での数字(お金)の捉え方を非常にわかりやすく説明してくれています。
少人数制の勉強会なので気軽に受けられ気軽に質問できる雰囲気はいいですね。

参加された方の事業方針を拝見すると、年間10棟までとか、年間20棟までという風に制限している方もいらっしゃいます。

各々の経営判断なので、40棟100棟といった事業拡大が悪いとは言いませんが、実際そんな棟数だと、社長はお客さんの前には出ていかないし、現場も目が届かなくなってしまいます。事業の最高責任者がお客さんの前に出なくなったら、パワービルダーや大手ハウスメーカーと一緒なんですよ。

「経営者自身が目の行き届く棟数を、安定して継続していく。」

住宅販売ではなく「家づくり」を提供する会社の原点な気がします。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。