技術者としても経営者としてもレベルの低い工務店とは?

リフォーム産業新聞で、「省エネ基準適合義務化延期の賛否について」の記事がありました。記事の中で、延期賛成派と反対派の意見を紹介しています。

要約すると、

  • 賛成派には、事業者の習熟度がまだ低いことが挙げられた
  • 一方で反対派には、習熟度が低い事業者は学ぶ努力をすべきとの声があった

なんですが、延期賛成派の意見が詳しく読んでいくとヤバイです・・・

延期賛成派の意見

  • 「パソコン使えない工務店多い」
  • 「外注コストがかかる」

――なぜパソコンが使えないんですか。

(西澤)年配の事業者にはIT化が進んでいないところが多いと思います。昨年実施したセミナーの申し込みについて、メールとFAXの両方で受け付けたのですが、実に7割がFAX申し込みでした。そういった事業者は年1~2戸受注するかしないかのためだけに、パソコンを含めて設備投資するのも大変でしょう。

――住宅の設備や建材を提供する流通会社の中には省エネなどの性能計算を代行するサービスを提供する事業者もいます。

(吉田)外注コストもかかりますから、その捻出が難しいということでしょう。

ここまで来ると、技術者としても、経営者としてもレベルが低すぎる話です。

  • 「パソコン使えない工務店多い」=新たな技術を扱えない。
  • 「設備投資できない」「外注コストがかかる」=費用を捻出できない。=値決めが正しくない。

パソコンが世に出てきて何年ですか?95年から考えても20年以上経ってますよ(笑)また、外注コストを自腹で考えてるんでしょうか?「値決め」を変えて捻出すればいいだけのこと。きっと「一円でも高く買ってもらえる」より「良いものを安く売る」という考えなんでしょうね。

こういうレベルの低い工務店で建てるお客さんがかわいそうなので、個人的には、廃業して別のことでもしてもらうか、元請けではなく下請けになった方がいいと思ってしまうのですが・・・

ビジネスの世界は「姥捨て山」

容赦のないビジネスの世界ではしょっちゅう起きてますよね。若いとまだ再起できますが、知恵も経験もないまま、お年を召したら・・・

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。