小規模の工務店経営者は仮想体験とどう向き合うか?

以前、モデルハウスのことについて書きましたが、

小規模の工務店が「モデルハウスを建てた方がいいかどうか?」という話、(できるできないは置いといて)この答えは、「建てる」「建てない」で言ったら、建てた方がいいと思っています。

小規模の工務店経営者は仮想体験とどう向き合うか?

モデルハウスの建設は経費ではなく投資と考えてみる

2018年12月10日

というのも、資本力のある大手は、いよいよショールームに投資し始めています。

来場者に占める新築住宅契約者の割合は約3割と、一般的な住宅展示場の5~6%に比べ高くなっている。体感型設備による自然災害のリアルな疑似体験などで、「企業のアイデンティティーや商品コンセプトを理解しやすかった」ようだ。

小規模の工務店経営者は仮想体験とどう向き合うか?

ショールーム導入設備例

シアタールーム、VR(Virtual Reality、仮想現実)、AR(Augmented Reality、拡張現実)などを用いた体感型プレゼンテーション設備や模型などを取り入れ、ショールームや展示場から、ミュージアムへとシフトしてきています。

その結果、来場者に占める新築住宅契約者の割合が約3割と、一般的な住宅展示場の5~6%に比べ、かなり高い数字を叩き出しています。

多分、他の大手ハウスメーカーもこぞって似たようなことをしてくるでしょうね。

では、「これらの設備を小規模の工務店が取り入れられるか?」というと、厳しいでしょう。

初期費用は下がってきてはいるので、取り入れるくらいはできたとしても、それはハードの話。中身のソフトであるコンテンツをアップデートし続けることを考慮したら、現時点では続かない気がします。アップデートを続けられないのなら、今は止めておいた方がいいです。

仮想体験が実物を求めさせてくれる。

こうやって空間を伝えるレベルが上がってくれば、今までのような何も用意していないプレゼンテーションでは貧素に感じてしまうでしょう。

ただ、上記のようなミュージアムであっても、来場者に占める新築住宅契約者の割合が約3割です。であれば、7割は未成約ってことです。

そのうち半分がひやかしだったとしたら、残り3割は、検討はしているけど、大きすぎるとか予算が合わないとか、会社や担当者と合わないなどかもしれません。

仮想体験は、家を建てようという気持ちを高ぶらせてくれるわけですから、この流れを上手く汲み取るのも戦略の一つだと思いますよ。

仮想体験→契約に至らず→他社の実物体験→契約

仮想に対して、同じ様に仮想で対抗しても、継続するにも費用が掛かりますので、小規模な工務店には不利です。

経験則ですが、CGを始めとする仮想系って、あまり「ありがたみ」を感じてくれないんですよね。簡単に見れるためか、すぐ他のバージョンを求められてしまいがちです。

また、アップデートし続けないと、すぐに飽きられてしまいます。なので、効果を得ようと思うと、新たなコンテンツを次々生み出していかないといけないので、意外とランニングコストが掛かります。

仮想に対しては、実物で勝負していきましょう。体験できるモデルハウスです。

小規模の工務店経営者は仮想体験とどう向き合うか?

モデルハウスの建設は経費ではなく投資と考えてみる

2018年12月10日


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。