損する収益性を改善しよう!

地方のとあるマンションの話です。

Aマンション、Bマンション共に、
築年数が30年前後の
少し古いマンションがあります。

2つとも似たような場所に
建っていますが、

30年の時を経たことで、
大きな差が生まれています。

Aは、70戸の部屋があり満室。
修繕積立費含む管理費が、
2万円ほどで滞納はありません。

なので、定期的な修繕や、
メンテナンスも行えており、
大規模修繕工事もしています。

空きの待ちがいるぐらいの
人気になっています。

Bは、40戸の部屋があり、
価格はAの半値ほどですが、
部屋は全部埋まっていません。

修繕積立費含む管理費も
滞納者がいて、
回収率の悪さから、
3万円ほどに値上げした
経緯もあります。

結果、定期的な修繕や、
メンテナンスも
あまり行えておらず、

大規模修繕工事もしていない状態で
ゴーストマンション化し始めています。

なので、不動産会社も、
積極的には売らないようにしています。

この2つの比較から、
色々なことが学べますが、

工務店経営に
共通している部分を
一つ挙げるなら、

「収益性」でしょう。

収益性が高いと、
残るお金も変わり、
次なる一手も打ちやすいです。

その投資が、
質を高めてくれます。

工務店のケースだと、
たとえ、同じ棟数でも、
収益性の良し悪しで、
得られるお金は変わってきます。

なので、

1棟辺りに必要な粗利益を
把握することも大事ですし、、

さらには、

その収益性の改善へと、
深掘りしていく必要があります。

例えば、損する収益性には、
以下のような要因があります。

・手間が掛かっている
・過剰なサービスになっている
・価格が低い
・余計な出費がかさむ

などなど、

こういった損する構造から、
健全な構造に変える必要があります。

例えば、、、

・プロセスを改善させる
・顧客との関係性を変える
・価格を変更する
・小さなミスを減らす

などなど、

この辺は、
それぞれの工務店によっても、
度合いが変わりますからね。

収益性にも絡む、
提案する住宅(商品戦略)の
考え方を知りたい方は、

5月22日に開催する、
体験説明会に参加してみてください。

年間20棟未満の工務店経営者のための勉強会

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。