損する収益性を改善しよう!

地方のとあるマンションの話です。

Aマンション、Bマンション共に、
築年数が30年前後の
少し古いマンションがあります。

2つとも似たような場所に
建っていますが、

30年の時を経たことで、
大きな差が生まれています。

Aは、70戸の部屋があり満室。
修繕積立費含む管理費が、
2万円ほどで滞納はありません。

なので、定期的な修繕や、
メンテナンスも行えており、
大規模修繕工事もしています。

空きの待ちがいるぐらいの
人気になっています。

Bは、40戸の部屋があり、
価格はAの半値ほどですが、
部屋は全部埋まっていません。

修繕積立費含む管理費も
滞納者がいて、
回収率の悪さから、
3万円ほどに値上げした
経緯もあります。

結果、定期的な修繕や、
メンテナンスも
あまり行えておらず、

大規模修繕工事もしていない状態で
ゴーストマンション化し始めています。

なので、不動産会社も、
積極的には売らないようにしています。

この2つの比較から、
色々なことが学べますが、

工務店経営に
共通している部分を
一つ挙げるなら、

「収益性」でしょう。

収益性が高いと、
残るお金も変わり、
次なる一手も打ちやすいです。

その投資が、
質を高めてくれます。

工務店のケースだと、
たとえ、同じ棟数でも、
収益性の良し悪しで、
得られるお金は変わってきます。

なので、

1棟辺りに必要な粗利益を
把握することも大事ですし、、

さらには、

その収益性の改善へと、
深掘りしていく必要があります。

例えば、損する収益性には、
以下のような要因があります。

・手間が掛かっている
・過剰なサービスになっている
・価格が低い
・余計な出費がかさむ

などなど、

こういった損する構造から、
健全な構造に変える必要があります。

例えば、、、

・プロセスを改善させる
・顧客との関係性を変える
・価格を変更する
・小さなミスを減らす

などなど、

この辺は、
それぞれの工務店によっても、
度合いが変わりますからね。

収益性にも絡む、
提案する住宅(商品戦略)の
考え方を知りたい方は、

5月22日に開催する、
体験説明会に参加してみてください。

年間20棟未満の工務店経営者のための勉強会


これを読む前に集客をしないでください!

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

ブログもSNSも使わない!ネット広告とメルマガによるWeb集客&販売の仕組みで増収増益を実現!

地方の中小企業でも再現できる成功方法を期間限定で無料公開!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、再現性が高く最も簡単で効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

集客に時間を奪われない、高単価で高成約率の仕組みをネットを使って構築。WEBマーケティングによって、主に地方ビジネスの経営者・個人事業主に対して、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高額化し、高成約率で成約させる販売の仕組みづくりを支援しています。収入と時間の両方を手に入れ、経営者が経営に集中できたり、自分らしいライフスタイルを実現してもらうことをゴールにしています。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。