出張旅費規定を定めて、東京への出張を成長へと加速させよう!

「工務店経営勉強会」の体験&説明会、当初は、大阪などでも検討していたのですが、スケジュール調整などが難しく、現時点では東京のみでの開催にしています。

参加検討者
やっぱり東京中心ですよね。交通費もかかるし、大変だ・・・

確かにそうかもしれません。交通費と宿泊費で、参加費とは別にプラスで掛かりますからね。もちろん、経費で落とされているでしょうが、出張に関する経費に関して、こんな節税方法があります。

小さな会社だと出張で個人にお金を残すことも可能になる。

「出張」って、お金が出ていくイメージがありますが、「出張旅費規定」を定めることによって、節税効果+個人にお金を残すことが可能になります。

出張旅費規定とは、会社での出張関連の旅費の取り扱いを定めた規程。法人のみが作成できます。この規定に基づき、会社から出張関連の旅費が支給されることになる。

つまり、出張旅費規定によって、出張の際の交通費や宿泊費、出張日当の額を適正に定めることで、実費と支給額に差が生まれ、「節税効果+個人にお金を残す」効果が生まれるのです。

ただ、適当に出張旅費規定を決めれば良いものでもなく、以下の要素を盛り込む必要があります。

  1. 目的を定める
  2. 適用範囲を定める
  3. 出張の定義を決める
  4. 旅費の種類と支給額を決める
  5. 出張の手続きを定める

さらには、

  • 対象者は全社員
  • 出張旅費規定の承認には、株主総会、取締役会等の意思決定機関の承認が必要
  • 支給金額の設定の妥当性
  • 出張報告書の作成

が求められます。

出張旅費規定を定めるメリット

出張旅費規定を定めるメリットを挙げるなら、

  • 出張旅費規定における日当支給は、非課税所得となり、節税効果が得られる。
  • 領収書に基づく実費精算から、出張旅費規定における定額支給になるので、事務処理が簡略化する。

などがあり、また、個人にとってのメリットには、

  • 旅費という臨時収入を非課税で受け取るため、ダイレクトに手取り増加につながる。
  • 旅費に関しては実費との差額をポケットマネーとできる。

などがあります。

出張旅費規定を定めるデメリット

法人にとってのデメリットを挙げるなら、

  • 社員全員が出張する場合は、会社の支出が増える可能性がある。
  • 税務署に支給額が適正でないと判断されるリスクがある。

などがります。

出張旅費規程は、従業員全員が対象になるので、よく出張する人が多い場合は支出が増えてしまうため、定める必要はありません。ですが、工務店の場合、店舗を構えた事業になりますし、小規模の工務店の場合、出張するのは経営者ぐらいで、従業員の方が出張をすることなんてほとんどないと思います。

そう考えたら、地方の小規模の工務店ほど、出張規定を定めた方がいいのではないでしょうか?定めずに、東京へ出張を繰り替えしてしまうと損をしていそうですね。

例えば、東京へ出張するとき、実際支払った交通費やホテル代だけを経費として落とすようにするのではなく、出張旅費規程を定めて、ホテル代が10,000円だったとしても、15,000円を会社から支給することにすれば、差額の5,000円分だけ多くのお金を会社から支給することができます。これに加えて、日当まで追加で支給できます。

しかも、支給分は非課税ですから、出張旅費によって会社の利益額を減らして節税し、さらには無税であなたの個人口座へお金を移動させることができるようになります。もちろん、そのお金は私利私欲に使い切るのではなくて、会社にお金が足りなくなった時、貸付けれるほどに蓄えておけばいいのです。

適切な出張旅費はどれくらいなのか?

非課税とされる出張旅費については、同規模の同業他社と比較して相場の範囲内と認められることが必要です。

産労総合研究所の最新の出張旅費調査データを見ると、

国内宿泊出張時の日当の平均額 ※()内は一般社員を100とした指数

  • 社長4,799円(216.0)
  • 専務4,042円(181.9)
  • 常務3,759円(169.2)
  • 取締役3,518円(158.3)
  • 部長クラス2,809円(126.4)
  • 課長クラス2,593円(116.7)
  • 係長クラス2,337円(105.2)
  • 一般社員2,222円(100)

宿泊料の平均額 ※()内は一般社員を100とした指数

  • 社長14,242円(163.3)
  • 取締役11,784円(135.1)
  • 部長クラス9,870円(113.1)
  • 課長クラス9,291円(106.5)
  • 係長クラス8,929円(102.4)
  • 一般社員8,723円(100)

2017年度国内・海外出張旅費調査

上記はあくまで平均値なので、上限20%ほどの差があるとするなら、社長の国内出張の日当+宿泊費の合計では、

  • 4,799円✕1.2≒5800円
  • 14,242円✕1.2≒17000円

合わせて、約23,000円ほどだと想定されます。

東京だと1万7000円を超えるホテルもありますので、宿泊費は実費精算して、日当だけもらう方が良い場合もあるかもしれません。

おまけ:この本↓読んで、「出張旅費規定」の活用を知りました。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。