工務店の数が減っていく時、何が評価される時代になるか?

数年前、「住宅業界は今後どうなっていきますか?」という質問をいただいたことがあります。

その時に答えたのは、

  1. 大きな住宅会社が小さな工務店を取り込むなりして、工務店数が減っていく。
  2. 工務店が縮小化していき、小規模の工務店になっていく。

でした。別に大した内容でもなく、歴史や推移をみれば誰もが予想できることだと思います。

1は、買収や合併のケースもありますし、単純に工務店が倒産するケースもあります。例えば、年間10棟の工務店が倒産しても、年間300棟建ててる会社に、その10棟が加わるようになるでしょう。10棟そのままでないにしても、分散して、その地域各社で対応できます。

2は、効率化により固定費を落とし、経営者の目の届く範囲の棟数を保っていくというもの。無理に棟数を伸ばすのではなく、クオリティを維持しながら、継続性にチカラを入れるということです。

業者数は減っているが、兼業業者が増えている。

下記グラフは、平成29年3月末の資料になりますが、「建設業許可業者数調査の結果について(概要)」に掲載されている「許可業者数・新規及び廃業等業者数の推移」ですが、業者数は年々減っていってます。

「建設業許可業者数調査の結果について(概要)」を見る限りだと、平成29年3月末現在の「建築工事業」数は154,808 業者とのこと。

この数字には、下請けのみの業者も含まれていますが、10万切っても市場には問題ないでしょう。業者が減っても、その分の受注は、分散して地域各社で対応できます。なので、問題があったとしても乗り越えられる程度のことです。

ちなみに、建設業以外の営業を行っている兼業業者の割合が、27.7%で前年同月比で0.4ポイント上昇しています。建設業許可業者数が最も多かった平成12年3月末時点の兼業業者の割合が21.3%なので、比較すると6.4 ポイント上昇しています。

停滞している本屋業界でも、書店がwebコンテンツ制作・スペースレンタルなども手掛け、収益を図る時代ですからね。経営していくことを考えたら、兼業もありだと思いますよ。

工務店の雑貨店経営の次は本屋の経営!?

2019年4月5日

工務店の数が減っていく時、何が評価される時代になるか?

こういった状況の中、小規模の工務店が生き残っていくには、顧客から評価される必要があるわけですが、

  • 価格
  • コンセプト(家の雰囲気)
  • 提案力
  • 接客(人柄)
  • 保証、アフターサービス

など、評価となる対象には様々あります。もちろん、一つだけの評価ではなく、総合的に判断されます。

小規模の工務店において、最もデメリットとされる部分を考えたら、大きなところに比べると、倒産の心配をする人が多いというところではないでしょうか。実際、数が減っているわけですから、より心配する人は多いはず。

そういった背景を踏まえると、個人的には「健全な経営」を評価の対象にも加えたいと考えています。なので、工務店経営勉強会を始めました。

健全な経営状態とは?

最も客観的に評価できるのは、決算内容だと思いますが、(短期間の)赤字だからといって、必ずしも不健全な経営とは限りません。

会社の数字以外で挙げるなら、

経営者自身の問題では、

  • 経営意欲の減退・逃避
  • 経営計画・方針が不確定
  • 後継者問題
  • 商品技術に対する勉強不足
  • 財務の放置

などがあるでしょう。

企業(組織)の問題には、

  • 高齢化
  • 組織・社風の乱れ
  • リスク対応してない
  • クレーム対応の質
  • 社員教育の怠り

などがあるでしょう。

「経営」話は、小規模の工務店ほど、避けて通りたがりますからね。中長期になる経営の話より、食いつきがいいのは、目先の利益で「集客」話です。でも現実は、予算を掛けられないから「こそこそ情報盗んで、ちまちまと行動している」状態になります。で、思うような結果に結びつかない・・・

木造建築工事業の6割が赤字ということと、多くの小規模工務店が「経営」に目を向けていないことは、比例している気がします。他が疎かにしているからこそ、目を向けるべきですよ。

今、勉強会を一緒に開催している出口さんのTwitterでも、中長期の話をすると、メルマガ解除があるらしいですね。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【10月31日開催】基礎となる経営のシンプルな法則を知り、土台となる商品やサービスの質を高めませんか?

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。