「家づくり」と「工務店経営」は別の話として考える。

先日、工務店経営勉強会に参加された方の個別訪問に伺いました。

やはり注文住宅20棟未満の工務店は、それぞれの独自性があって面白いです。小規模な分、社長の個性がそのまま反映していく感じがします。また、置かれている状況も違うので、多少やり方が変わることもあります。

でも、共通しているのは、拡大より充実です。

通常だと、「会社をどこまで大きくしたらいいか?」みたいな拡大経営に行きがちですが、バカスカ棟数増やすよりも、内容を充実させることです。

また、小さな会社の場合、商品や労働環境などの質を保つ上でも、数の制限は大事だと思っています。なので、数たくさん建てて、経営者の目が届かない家づくりよりも、経営者の目が行き届いてる家づくりの方を応援したいのです。

「家づくり」と「経営」は別の話

もちろん、小さな会社は、経営資源(人・モノ・金)は限られています。

自社で対応が難しい場合は、今ある既存サービスを活用しながら、充実させていく方法をとるのが主流ですが、家づくりが真面目な人ほど、全部自社や自分で担おうとしてしまうんですよ。

「家づくり」と「経営」は別の話だと思っています。

この辺りの話、格闘家の青木真也さんのこの記事が面白かったので、シェアします。

だってパン職人としての腕が経営の腕にそのまま繋がらないではないですか。パン職人はパンを作るのが上手いのであって、パン屋を経営するのはまた別の話だと思うのです。将来の夢はパン屋さんと子供が発したら、パンを作りたいのか経営をしたいのかを大人は説明をするのがいいと思うのです。

格闘技も同じことが言えて、選手と指導者も経営もストーリー書きも皆、違う仕事なのです。小さい業界だから、兼任する方が多かったり、そもそも分けられていなかったりするのは、実は問題というかリスクだと思うのです。

青木真也は職人だけれども、商人としても、ストーリー書きも小作農レベルだからこそ成り立ってるとはいえ、できているのは割とすごいことだと思うのです。このタイプは今までいなかったタイプだとも思うし。自分で言うのも恥ずかしいけれど。

選手は職人でいいと思っています。
ただ職人が職人以外の仕事をしなくていいような環境づくりが必要です。
全力でいいものを作る職人であっていいと思っています。僕だって全力でものを作って、その包装をたくさんの方に協力してもらってやっています。包装技術に目がいって、職人としての品質を舐めてるとそれはそれでみんなびっくりするけど。いいもん作ってるから。

じゃあ職人はどうするんだって話になります。

職人は職人として誇って良いと思うし、職人は職人を貫けば良いと思っています。ただ職人が背伸びをして、やろうとするから上手くいかずに、疑心に陥ってめんどくさい事案に発展すると思うのです。格闘技界でよくあるじゃないですか。この手のくだらないトラブル。

職人は職人業に専念して、あとは商人に任せましょうか。

商品としての強ささえあれば、プロモーションをかけて売り出したときに耐えることができます。だからこそ職人は良い商品を作ればそれでよし。そこから先は全て任せてみたらいいのだと思います。

小さな会社の場合、経営者も家づくりの実務を兼ねるため、こういった線引が頭の中ではわかっていたとしても難しかったりします。

例えば、設計力・・・

先日、設計力について取り上げましたが、

ブームが起きて去った後に残る「当たり前」は最低基準になる!?

2019年6月16日

世の中は少しづつ、家を小さくし、コンパクトに暮らすことが求められてきています。

ということは、

  • 土地と予算に合わせて、一から小さな家を設計できるか?
  • 小さくても広く暮らすことをコーディネートできるか?
  • 「小さい」というネガティブに捉えられがちなワードを啓蒙できるか?

といった時代の変化にしなければなりません。こういった変化は常に起きています。

もちろん、実務も兼任している以上、プレーヤーとして対応することも望ましいですが、たとえできなくても、経営者として対応すればいいんです。

固定費を大きく掛けない堅実な経営にしていくなら、外部の資源を頼ることですよ。

その辺り、工務店それぞれで事情が違うので、工務店経営勉強会に参加された方は、必ず個別訪問に伺っているということです。本質は同じなのですが、やることは皆それぞれ違うという面白い状況です。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【12月11日開催】経営のシンプルな法則を知るだけで業績が良くなる!

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。