新たな集客方法を取り入れずとも、工務店の業績は改善できる。

先日、工務店の倒産情報をチェックしていたら、こういう起因もあるんだなぁと思ったものを紹介します。

外注業者の不良工事で多額の手直し工事出費が生じ、その上、受注先から金ももらえず、賠償請求訴訟まで起こされ、万事休す状態に至っていた。

たとえ自社に非がなかったとしても、監理者である以上、責任は問われます。そして、提供する商品やサービスの質が悪いと、仮に受注が取れたとしても、業績改善には至らないということですね。

新たな集客方法を取り入れずとも、業績は改善できる。

「業績改善=集客する」という風に思っている人は意外と多いです。なので、「画期的な集客方法はないか?」「新たな集客方法はないか?」と探し回っている経営者も多いです。

たしかに、集客はしていかなければなりませんが、順番的には「集めること」の改善は、後のほうがなんですよ。上記の例でも、あの状態では集めたところで、ほとんど意味がないわけで・・・

実際、業績改善したとある工務店の例では、よく行われるホームページのリニューアルや、新たな集客方法などは取り入れておらず、「意識改革」と、商品やサービスをちょこっとテコ入れした程度です。集客方法は、従来からある方法しかやってません。集まる数は多くはないですが、確実性が増すので、営業効率が上がるんですよね。

小規模の工務店の場合、大金掛けて大きな変化をもたらすことはできませんが、そもそもする必要もなくて、一番影響が大きいのは「意識改革」でしょうね。「基礎となる経営のシンプルな法則を知り、土台となる商品やサービスの質を高める。」ということでもあります。

倒産した工務店の傾向を、目に見える範囲で調べてみても、商品やサービスに関しては「う~ん」となるところが多いです。中には、「人」を全面に出したり、社長のキャラづくりなどで、商品やサービスの質を濁しているケースもあったりします。

新たな集客方法を取り入れずとも、工務店の業績は改善できる。

倒産した建築会社の80%は財務情報の最新データが掲載されていない。

2019年10月1日

基礎や土台がないと、「穴の空いたバケツ理論」になりますからね。穴の空いたバケツには、何をやっても効果をなさないということに…


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。