貸借対照表からわかる工務店経営の状態

貸借対照表にある主な項目、

  • 現金預金
  • 現金預金以外の流動資産
  • 固定資産
  • 流動負債
  • 固定負債
  • 純資産

これらのバランスを見ていくと、大きく6つの経営状態に分けることができます。

  1. 債務超過
  2. 自転車操業
  3. 不安定
  4. 成長
  5. 投資
  6. 保守

1.債務超過

負債合計が資産合計より大きくて、純資産がマイナス

資産合計

負債合計

純資産

負債が資産より大きくて、純資産がマイナスな状態、いわゆる債務超過です。赤字でこの状態であれば、ゆくゆくはお金が底をつき、倒産の可能性が高い状態です。

2.自転車操業

流動負債が流動資産よりも大きい

流動資産

流動負債

固定資産

固定負債

純資産

流動資産よりも流動負債が大きいと、入ってきたお金をすぐに支払いに回さなければならないような、資金繰りの厳しい状態です。黒字であっても資金がショートし、倒産する可能性もあります。

3.不安定

流動資産が流動負債よりも大きい

流動資産

流動負債

固定負債

固定資産

純資産

流動資産が流動負債よりも大きいと、資金繰りの厳しい状態からは脱しているので、ひとまずは安心です。ただ、長期借入金などの固定負債は、流動資産の中から返すことになるので、流動資産が負債合計より小さい状態だと、キャッシュが潤沢にあるとは言えない不安定な状態となります。

 

さらに、流動資産を、「現金預金」と「現金預金以外の流動資産」に分けてみると、細かいこともわかります。

4.成長

流動資産が負債合計よりも大きい
ただし、現金預金が流動負債よりも小さい

現金預金

流動負債

現金預金以外の
流動資産

固定負債

純資産

固定資産

流動資産が負債合計よりも大きいと、お金が潤沢にある状態となります。お金があるため、事業への積極的な投資もでき、成長しやすい状態になります。ただし、現金預金が流動負債よりも小さい状態だと、ハイリスク・ハイリターンのような大きな投資は難しいため、現在の事業をより充実させる投資に向いています。

5.投資

流動資産が負債合計よりも大きい
そして、現金預金が流動資産よりも大きい

現金預金

流動負債

固定負債

現金預金以外の
流動資産

純資産

固定資産

流動資産が負債合計よりも大きく、そして、現金預金が流動資産よりも大きい状態は、お金が潤沢にあり、新規事業などハイリスク・ハイリターンの投資ができる状態でもあります。

6.保守

現金預金が負債合計よりも大きい

現金預金

流動負債

固定負債

純資産

現金預金以外の
流動資産

固定資産

現金預金が負債合計よりも大きい状態は、お金が有り余っている状態でもあります。事業への投資などをせずにお金を貯め込むと、こういう状態になります。一見良さそうに見えますが、保守的になるため、時代の変化についていけなくなることもあります。こういう時に事業が傾いてしまうと、一気に崩れ落ちることも考えられます。

 

経営者が知っておくべきなのは、細かい金額ではなくて、お金の流れやバランスです。現在、自社がどの状態なのかを知り、適切な策を打つことで、良い答えを得る可能性が高くなるということです。


これを読む前に集客をしないでください!

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

ブログもSNSも使わない!ネット広告とメルマガによるWeb集客&販売の仕組みで増収増益を実現!

地方の中小企業でも再現できる成功方法を期間限定で無料公開!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、再現性が高く最も簡単で効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

集客に時間を奪われない、高単価で高成約率の仕組みをネットを使って構築。WEBマーケティングによって、主に地方ビジネスの経営者・個人事業主に対して、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高額化し、高成約率で成約させる販売の仕組みづくりを支援しています。収入と時間の両方を手に入れ、経営者が経営に集中できたり、自分らしいライフスタイルを実現してもらうことをゴールにしています。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。