あることを言語化すると、棟数が5棟増えた!?

「工務店経営学部」の参加者向けにお届けしているコンテンツですが、あることを言語化すると、棟数が5棟増えた事例を掲載しています。(平均年12~13棟だったのが、18棟に増えた話)

紹介しておきながら、参加者以外は見れないのですが、おこなっていることはシンプルで、かつ経営者にしかできないことです。

工務店経営者自身が経営力を磨くこと

上記のことも踏まえ、当たり前のことなのですが、意外と見落とされがちなのが「経営力」です。

財務内容を良くするにも「経営力」がなければ実現しません。そして、組織も人材も活かすことができません。たとえ、今は良い住宅を提案していたとしても、「経営力」がなければ、原資がなくなっていくので、アップデートする力も生まれなくなり、やがて良い住宅を提案をすることもできなくなります。

逆に、「経営力」があれば、やり方はいくらでもあるということです。

経営力=経営者のモノサシ

小さな会社の場合は、社長次第なところがありますので、小さな会社においての経営力は、「経営者自身ののモノサシ」とも言えます。

そのモノサシを感性や感覚に頼るなら、様々な人に出会い、様々な情報を手に入れ、時間もお金もかなり投資していかないと難しいでしょうね。ただ、そういうことを続けられる人はごくわずか…

誰でも再現性の高いモノサシを手に入れるなら、論理的な判断ができ、客観視でき合理的に判断できる「数字」を重視した方がいいですよ。

あることを言語化すると、棟数が5棟増えた!?

工務店経営にセンスは必要なのか?

2019年11月7日


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。