事業譲受で1件当たり124万円の利益UP

先月から始めています「財務から学ぶ工務店経営」

事業譲受で1件当たり124万円の利益UP

財務に強い工務店経営力を養う、他社の財務から学ぶ工務店経営ノートを読みませんか?

2019年11月20日

決算書から読み取れる数字から、上場企業の住宅会社や、注文住宅を手掛ける工務店の倒産について、中小の工務店経営者の参考になるような内容で書いています。

2000~3000字の記事を毎月4本~お届けしますが、12月からは有料化で公開しています。(有料と言っても数百円です。)

ちなみに、2019年12月分の内容は下記を予定しています。

  • 三栄建築設計
  • 旭化成(ヘーベルハウス)
  • 細田工務店
  • フォーライフ
  • オープンハウス
  • ケイアイスター

(まだ未公開のものは、12月末までに公開します。)

記事を一つ一つ購入する場合は300円ほどですが、ひと月分のマガジンで購入する場合は、700円としているので、毎月4記事以上はお届けしますので、2記事以上読まれる方はひと月分のマガジンで購入した方がお得になっています。

増益なのになぜ営業キャッシュフローがマイナスなのはなぜ?

無料部分で読める範囲に書いているところに触れると、、、

この会社は、富裕層向けの住宅会社から注文住宅事業を事業譲受したことで、請負価格は1件当たり約1600万円上がり、粗利益額は約124万円上がっています。

大きな会社の財務も、着目の仕方を変えれば、スモール工務店にも役立つ内容に変わりますよ。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。