なぜ粉飾する工務店や住宅会社がいるのか?

倒産した工務店の決算書から、倒産傾向を読み説くことをしているのですが、先日は、30年にわたり粉飾していた工務店の決算書を拝見しました。30年にわたって粉飾をしていたのが、どういった内容になっているのか、気になりまして・・・

2019年10月31日に事業を停止し、その後、11月5日に破産手続き開始決定を受けた、(株)開成コーポレーション(埼玉)です。同社は昭和45年創業の木造建築工事業者。埼玉県西部の東武東上線沿線において高い実績を誇り、近時は県内15カ所に住宅展示場や営業所を設けるなどしていた住宅建築工事会社です。

東京商工リサーチによると、粉飾の手口は、

  • 完成工事未収金の早期計上
  • 未成工事支出金の早期計上
  • 完成工事高に未完成の工事を含めて売上計上

という手法とのこと。

中小企業の粉飾動機のほとんどは、金融機関から(さらに)借入をしたいからなので、粉飾の兆候としては「すでに借入金が多額」ということが、よくある傾向になってきます。

その辺りも注意してみてみると、非常に興味深いです。また、早期計上程度の粉飾では、表面的には良く見えても、本質的な内容まで良く見えることはありません。つまり、低度な粉飾だと見破らなくても、資金の不安定さを始め、内容が悪いことがわかるわけです。

内容の結論から挙げると、「現金不足」なのです。

ただ、拝見した決算書は、粉飾されたものだと思うのですが、内容を見る限り、「粉飾してこの内容?」と思ってしまうぐらい、良い内容ではありません。実態はもっとヒドかったということでしょうか・・・

過去三期とも、資産超過で黒字ではあるものの、現金絡みの経営指標はことごとく悪いです。

・手元流動性比率は、1.5ヶ月を大きく下回る。
17年:1.1ヶ月
18年:1.0ヶ月
19年:0.8ヶ月

・現金預金対借入比率は、30%を大きく下回る。
17年:10.2%
18年:9.3%
19年:7.3%

仮に粉飾に気付かなったとしても、いくら黒字であっても、現金が少なく、借入金も多く、黒字倒産しかねない状態だということがわかってしまうのです。

細かい内容は、noteの有料記事にて公開しています。3月の勉強会ではこの内容も話す予定です。

30年にわたり粉飾していた開成コーポレーションの決算書を見てみた結果・・・

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

工務店経営者の方はメルマガを読んでみてください。

メルマガだけの工務店経営者向けのコンテンツ(お金の話が中心)を定期的に配信する他、
セミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。

登録・購読は無料です。ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。

メルマガは「@dtoac.com」より配信されます。迷惑メールフィルタをお使いの方は、ドメイン許可をお願いします。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。