工務店経営は「売上よりも利益、利益よりも現金」

大きなテーマは、「集客や受注の負担を減らす」

3月25日の勉強会の大きなテーマは、

「集客や受注の負担を減らす」

ということです。

なぜなら、小規模の工務店経営は「売上よりも利益、利益よりも現金」だからです。

もちろん、売上や利益も大事ですが、現金があれば倒産はしません。

この記事で紹介している工務店もそうですが、何百棟建てていようが、現金がなくなれば倒産してしまいます。

工務店経営は「売上よりも利益、利益よりも現金」

なぜ粉飾する工務店や住宅会社がいるのか?

2020年2月4日

現金を増やすために、集客や受注は欠かせませんが、むやみやたらに「集客だ」「受注だ」という判断は、従業員にだってできることです。逆に、経営者だけができることは、集客や受注の負担を減らすことではないでしょうか?

最小の努力で最大のお金が残る経営判断を合理的にしたくありませんか?

「売上よりも利益、利益よりも現金」という前提を踏まえるなら、経営者にしかできない「集客」「受注」以外の打つ手があるということです。そして、その手を打つことで、「集客」「受注」の負担を減らすことができます。

それには、決算書や試算表から、会社の資金力を見極め、どこに問題があるかを発見し、そこにどのように手を打てば資金を増やすことができるか、合理的に経営判断をすることが求められます。

最小の努力で最大のお金を残す合理性を理解しないと、感覚に頼った経営判断になるでしょう。もちろん、感覚的な経営判断に絶対的な自信がある方には、何も言うことはありません。

ただ、工務店の半分近くは赤字経営なわけで、そういった工務店の経営者が、合理的に経営判断できているのか?を考えたら・・・身に付けておいたほうがいい能力だということは否めませんよ。

効果的な経営判断をしていったり、改善するにしても、感覚的にこなしていくよりも、打つ手が分かった上でそこに全力つぎ込む方が、効率的だと思いませんか?

きっと感覚的な経営判断に頼っていたら、かなりの時間と労力を無駄にするでしょう。多分、集客ばかりに目が行き、新しい集客方法や新しい商品パッケージなどに手を出すことの繰り返しになるのではないでしょうか?

勉強会に参加して、一生使える価値ある手法を習得してください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。