工務店経営者が財務に詳しくなるとどうなるか?

リフォーム産業新聞のWEB記事に、財務改善の内容が載っています。

単純に元請けからの入金が遅れたり、取引先の締めが終わってから入金がされるなど、入金時期の曖昧さに悩んでいた部分を、改善したという内容です。

その方法は、まず入金の部分では、

  • 着地金制度
  • 工事代金の出来高払い

を採用。

着地金制度は、工事の見積もり金額確定後、工事開始の2週間前にその半分をもらうというもの。入金を確認してから工事を開始する。

次に、出来高払い制度。これは、着地金としてもらった以外の残り半分中、工期前に終わった分を終了月の請求で受け取るというもの。つまり、仮に2月末に工事終了予定で1月に6割ほど終えた場合、1月中に6割分を請求し、2月に残り4割分を請求する。

そして、支払いスパンも変更。以前は、月初5日に半分払った後、残り半額は手形155日サイト支払いだったが、

  • 翌末締め60日以内の支払い。

に変更。

「入金を早くして、支払いを遅くする。」は、基礎中の基礎ですが、意外と工務店には徹底されていないかったりします。

個人の注文住宅とかリフォームといったBtoCの場合は、下請けなどのBtoBに比べると、入金を早くすることはしにくいでしょうが、まったく意識しないのは危険です。

工務店経営者が財務に詳しくなるとどうなるか?

記事で紹介されている工務店では、取引先は減っても売上高が10年で3倍以上になったとのこと。

取引先もリーマンショック前からは減ったものの、今では入出金トラブルは起きずスムーズに案件をこなせるように。売上高も、10年で3倍以上になった。

「今では法人税をキャッシュで払えるほど、財務体質が改善しました。その他にも、取引先に私自身の経験を交えて財務アドバイスすることも増えてきました。経営者として財務に詳しくならないといけないと、改めて痛感しています」

コメントにも「経営者として財務に詳しくならないといけないと、改めて痛感しています」」とありますが、経営者が財務に詳しくなると、「集客」や「受注」の負担を減らすことができますからね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

工務店経営者の方はメルマガを読んでみてください。

メルマガだけの工務店経営者向けのコンテンツ(お金の話が中心)を定期的に配信する他、
セミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。

登録・購読は無料です。ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。

メルマガは「@dtoac.com」より配信されます。迷惑メールフィルタをお使いの方は、ドメイン許可をお願いします。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。