売上や利益思考の工務店経営が外的要因に負けてしまう理由

「良い家をつくってるんだけど、受注にならないなぁ・・・」なんてことを思ってしまうことがあるかもしれませんが、市場とは冷たいもので、

  • 売上=顧客や社会に受け入れられているかどうか
  • 利益率=経営能力(競合他社よりも利益率が低ければ、他社よりも経営能力が劣る)

という指標を唱える方もいます。

自分の考えとしては、小規模の工務店経営で優先したほうがいいことは、「売上よりも利益、利益よりも現金」だと思っています。

売上や利益も大事ですが、ちょっとぐらい売上が低くても、ちょっとぐらい利益が低くても、しっかり現金がある状態が維持できていれば良いということです。

現在のようにコロナウイルスの影響で、トイレなどの在庫がなくなり、納期が見えない状況になると、引き渡しができなくなります。=入金がない状態になるわけです。

本業が外的要因で不調になってしまうことは、仕入れがあるビジネスモデルのため、経営者個人の力ではどうしようもできませんが、こういう時は、キャッシュを多く持っていると、この状況に冷静に向き合うことができます。

もちろん、「新型コロナウイルス対応支援資金」などの支援策も出てきていますが、融資先とこれまで接点がなければ、当然融資が下りるまでに時間は掛かります。また、それなりに財務状況が良くないと、融資も下りないと思いますよ。

過去、倒産している工務店の事例で挙げると、まずまずの業績で推移していても、ある年突然、多額の損失を出してしまうと、そこからなかなか戻せず、力尽きてしまう工務店もいました。業績がまずまずでも、現金が尽きてしまったのです。

経営勉強会では、「売上よりも利益、利益よりも現金」の考えを軸に、お金の話を中心に、集客や受注の負担を減らす方法を習得してもらってます。

本質的なことを言えば、「『本業+その他』とあるなら、その他の部分を整えると、本業の手助けになるよ。」というお話をしています。

だからといって、本業をおろそかにしていいわけではありません。当然、本業となる売上や利益を増やすことは、現金を増やす手段ではあります。

ただ、トータルで見たら、これはあくまで手段の1つにしかすぎません。そして、本業が外的要因で不調になってしまうことは、経営者個人の力ではどうしようもできません。

なので、『本業+その他』両方を底上げしていく考え方が必要ということなのです。利益ではなく資金ベースでの経営にシフトしていきましょう。

そういった考えから、本業のところをプロデュースでサポートし、

その他の部分を勉強会でサポートしています。

 


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。