またもや「小さな家」はブームに乗れなかった!?

メンタリスト DaiGoさんの動画、「子供が成功する実家の特徴」が興味深いです。

家と子供の未来に関する研究内容を話されています。

対象は「部屋の広さ」です。

子供の数学の成績や言語の成績、問題行動や健康度が部屋の広さによって、変わるのかどうかを調べたお話…

結論は、、、

子供の成功を考えるなら、家は子供部屋をつくれるくらい、広い方が良いということになるので、子供にとっては、「家は広い方が良い」ということらしいです。

必ずというよりは、「子供に成功してほしかったら、早めに自分の部屋を与えてあげられるぐらいの家に住んだほうがいいかもね(集中できるので)」という程度です。

大人目線で考えると、無駄のないコンパクトな方が効率的なんですが、子供にとっては、逆なようです。

子供部屋がないほうが、家族仲がより深まる?

子供部屋に関しては、こんな研究データもあります。

ミサワホーム総合研究所では、住まいにおける子どもの学ぶ環境づくりを課題に挙げ、「住宅内の学ぶ場所の設計指針」を作った。それが、2011年に発表した「ホームコモンズ設計」だ。東京大学とEduce Technologiesに協力を仰ぎ、ピアジェなどの発達心理学の成長段階を参考にして、4つの成長ステージをまとめた。

またもや「小さな家」はブームに乗れなかった!?

出所)ミサワホーム資料(監修)山内祐平/Educe Technologies/東大教授)

2つの内容をざっくりまとめると、

  • 子供部屋あり=集中力が高まる
  • 子供部屋なし=コミュニケーション力が高まる

ってことなのでしょう。

個人的には、「子ども部屋」については、最初から作り込まず、子ども自身がほしいと行った時に用意できる「可変性」が望ましいと思っています。

例えば、下記の様な市販の空間キットを購入して、集中できるスペースを用意したっていいわけです。

上記の商品は、面部分がダンボールで柱が紙管なので、組み立ても簡単ですし、一畳以下のコンパクトなサイズで1体約2万円です。

またもや「小さな家」はブームに乗れなかった!? またもや「小さな家」はブームに乗れなかった!? またもや「小さな家」はブームに乗れなかった!?

テレワークや書斎として

またもや「小さな家」はブームに乗れなかった!? またもや「小さな家」はブームに乗れなかった!?

子供の秘密基地として

またもや「小さな家」はブームに乗れなかった!?

ゲームや動画編集の部屋として

またもや「小さな家」はブームに乗れなかった!?

工具を置いて趣味の部屋として

またもや「小さな家」はブームに乗れなかった!?

市販の空間キットはこれまでにも色々ありましたが、木にこだわりすぎてたりして、結局そこそこ良い値段してたんですが、これはダンボールなので、価格面でも非常にリーズナブルです。強度に関しても、作業において必要な強度を計算されて作られているので、問題なさそうです。

コロナの影響もあって、広い空間を求める人が増えている?

下記は2020年6月30日にリクルートが公表した、首都圏でのデータですが、コロナ禍により広さに関わる要望も増えているようです。

あれも欲しいこれも欲しいになれば、広い空間にせざるをえないですからね。

工務店にとっては、広い家の方が粗利が得やすいので好都合なのでしょうが、収入面が上がらないなら、広さを求める場合、性能を下げるしかありません。あとは、土地の安い田舎に越すとか…

コロナ禍前は、住宅価格の高騰からコンパクトさを求める人も一定層いたのですが、またもや「小さな家」はブームに乗れなかったなぁ…

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。