家系ブロガー界隈で燃えてた話

最近、某工務店の社長が、一般の家づくりブログを批判したことから、ブロガー界隈で燃えてた話があります。

某工務店の社長の認識不足ということで、今は鎮火していますが、

  • 昔から、「素人は口を出すな」というつくり手と、
  • 「情報が少なすぎる」という住まい手で、

歩み寄れてない部分がたくさんあるんですよね。

お互い完全無比なわけではないのに、ちょっとのことで凄い攻める対立は、「一緒につくる」という部分が欠けてるんだろうなとも思います。

また、施主ブログを嫌がる未だに工務店は多数いますが、もうそんな時代じゃないんですけどね・・・

施主のブログに関しては、昔から言ってて、2014年頃にこんな記事を書いていました。

家系ブロガー界隈で燃えてた話

同業者から卑怯と言われた、施主にセールスしてもらう方法

2014年6月6日

ブログという形になっていますが、結局はクチコミですからね。

先日もとある工務店経営者と、個別相談していた際、調べたら、

「住宅性能への拘りと、最新情報の取得に関しては◯◯内でもトップクラスだと思います。事務所に入った時の空気感も綺麗なので、ずっと打合せしていても疲れにくいと思いました。」

という良いクチコミと、

「駐車場が分かりにくいのが難点(笑)伺う時は事前に聞いたほうが良いと思います。」

という、意見的なクチコミが書かれていました。

当然、褒められている良い部分はどんどんアピールして伸ばせばいいし、指摘された部分は、改善すればいい話です。クレームほど悪いことでもない、「こうあったらいいな」程度の内容って、直接は言われませんが、同じ様に感じている人、いますからね。

そういった部分は、直しやすいですし、直すだけで好感も得やすいので、さっさと対応した方がいいということです。

顧客はビジネスマンとは違い、感情が先に来ますからね(笑)

もちろん、何でもクチコミの言う通りにするわけではなく、自社の哲学(コンセプト)と、照らし合わせた経営判断が必要になってきます。

難しいところですが、向き合えない人は、時代に取り残されてしまうんですよね・・・

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。