住宅デザインを模倣した住宅会社が敗訴!

住宅や建築ではないですが、
商品デザインの模倣で
炎上していたのがこちら↓

▼ガクトとローランドのブランド「G&R」が模倣品販売で謝罪、商品を自主回収
https://www.fashionsnap.com/article/2020-12-21/gackt-roland-gr/
https://dazzystore.com/Page/gr_jp.aspx

建築系も昔から
模倣のオンパレードですが、

今年に入り、建築系も、
意匠権が適用されるようになりました。

最初は、大きな規模の
商業系ばかりでしたが、

ログハウスBESSで有名な
アールシーコアが、
とある地方工務店を
提訴した案件もあります。

▼アールシーコア わが国初の住宅デザイン模倣裁判で勝訴 被告の住宅販売を禁止
https://www.rbayakyu.jp/rbay-kodawari/item/5777-2020-12-09-07-35-13

▼アールシーコアによるプレスリリース

クリックして00.pdfにアクセス

被告側の会社を見ましたが、
まぁ、やっててもおかしくない
販売構造だなと思ってしまいました。

毒を吐くなら、、、

目先を追いかけるアホな人ほど、
表面的なパクリしかしないので、
パクり方が下手なんですよ。

企業規模からいっても、
大手相手に訴えられたら、

資本力のない地方工務店には
裁判が長引けば、お金の面で、
不利になりますからね。

今回は外観の例で、
間取りの例ではありませんが、
その内、どこかから出てくるでしょう。

いい加減パクってる工務店は
止めましょう。

法と資本力を敵に回したら、
工務店には勝ち目ないですよ。

 

パクリも含め、
他のブランドを借りたがる
工務店は多いですが、

「ブランド」なんて結局は、
情報が可視化されたものにすぎません。

顧客はその可視化された情報で
判断しているだけです。

住宅デザインを模倣した住宅会社が敗訴!

住宅に住んでいるんじゃない!?◯◯に住んでいる!?

2017年12月30日

結局、品物の良し悪し含めた、
本当の素質を把握できてる人なんて、
作る側も売る側も買う側も
ほとんどいないのです。

だからといって、
それがダメなのではなく、

自分自身も含め、
世の中の大半は
凡人なわけですから、

一定のレベル以上の品物を、
情報でコーティングをして、
売っていくことが、

結局のところ、凡人による
真面目な商売方法なわけです。

そして、ブランドは、
他人が作ったものに
乗っかるものではなくて、

自分でつくる方が
何倍も得るものがありますよ。

では、またメールします。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。