集客に時間をさいてしまうと・・・

色々とリニューアルをしたいのですが、全然作業が進んでおらず、GW中には何とか仕上げたい今日この頃です。

というのも、工務店という垣根を外して、地域の事業主支援を考えたら、共通しているのは「集客」です。ただ、集客にも大きく分けると、無料・有料があります。

無料できることは、ほとんどの人には成果に繋がりませんし、無料方法になると、お金を動かせない人達がわんさか集まります。無料の方法を、無料で知りたい人達なので、当然、ビジネスにはなりません笑

なので、ここ最近のメルマガで取り上げているように、有料である、「広告」のことを中心にシフトしていこうとしています。実際、抱えている案件、そういうのが増えておりまして…

そもそも集客なんて、大半の会社は本業ではありません。

だから、お金を使って、集客作業を減らすことです。

結局、、、

良い商品やサービスは、広告を使えば売れますが、求められてない商品やサービスは、いくら広告を出しても売れません。

ということは、商品やサービスを充実させる時間をつくる必要があります。今良くても、陳腐化しないようにする必要もあります。

これは長い目で見たら、集客活動よりも、時間をさいたほうがいい部分です。

集客作業に時間をさいてたら、魅力的な価値を、つくれないままになりますからね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。