WEBマーケティングに「メルマガ読者」は重要でしょうか?

WEBマーケティングをするのなら、「メルマガ読者」は重要でしょうか?

確かにマーケティングをする上では、「メルマガ読者をどう増やすか?」は、考え続けなければいけません。

ですが、売上などの成果に繋げるためには、メルマガ読者を増やすよりも、もっと重要な視点があります。

それは、

  • メルマガ読者 > 見込み客 > 顧客

ということです。

基本的な流れは、メルマガ読者から、見込み客になり、見込み客から顧客になるわけですから、「メルマガ読者を増やすのではなく、見込み客を増やすことが必要。さらには、見込み客じゃなく、顧客を増やすことが必要。」という視点が必要になってきます。

例えば、、、

メルマガ登録はしてくれているけど、メールを開封しない人、または開封しても読んでいない人。

こういった方達は、購読者ではあるけれども、見込み客ではありません。

送った情報を読んでいないのであれば、今後も顧客にはなることはないでしょう。なので、そういう理由から3ヶ月開封がない人は自動で配信停止するようにしていました。まぁ、これでも弱い方です。厳しい方だと、毎月単位で見て、手動で消されてたりしますからね。

当然、コスト的を掛けて集めた購読者をメルマガリストから削除するということには、ためらいがあるかもしれません。でも、読んでもらえないてないのなら、躊躇なく削除した方がいいわけです。

で、今後ちょっと悩んでいるのが、「読んでるけど、商品やサービスを買わない人」です。

僕のメルマガは、起業した2013年から始めていますが、「住宅業界専門」で絞ってやってきたためなのか、ある時期気付いたら、購読者リストの割合が、同業系(コンサルやWEB制作会社等)が半分以上を占めてた時がありました(笑)例えば、工務店に届くよう「工務店向け」などとメッセージを絞れば絞るほど、同じように工務店をターゲットにしているコンサルやWEB制作会社が集まってきますからね(笑)

そういう方達は、リサーチやパクリ目的で登録しているだけだと思われるので、当然、セミナーに来ることもないし、商品やサービスを買うこともありません。

2~3年に1度くらいの感覚で、メルマガリニューアルとして、登録リストを一新してたりするのも、購入しない人や興味のない人をふるいに掛けている目的もあります。(一応、コンテンツのリニューアルに合わせて行ってますが)

普通に考えて2~3年間もあって、何もアクションがないってことは、きっと今後もアクションは起きないですからね・・・弊社の例でいうと、そういった方々を除外して、メルマガ読者が1/3程度になった今のほうが、売上は上がってますからね。

今後は細かいオンラインコンテンツも出していけたらとは思っているので、それに伴い、購入者限定の配信もしていこうかなと検討中です。なので、一定期間、購入がない方は削除していくとかも検討中です。

厳しい話ですが、「ビジネスを数字で管理する」「数字にシビアになる」という、経営においては、当たり前なことです。でも、対したお客さんにはきちんと接します。この「数字」と「人」との対し方の違いは、経営者には大事だと思っています。

そういうのが苦手な経営者だと、こんなケースになります。

一向に進展がないにも掛からわず、3~4年も見込み客リストの中に入れてて、未だに追いかけています。ちょっと話が進んだかと思えば、プレゼンを求められ、アイデアだけ話をさせられて、結局受注にはいたらないみたいな、無駄骨ばかり・・・

こんな相手は、さっさと切り捨てて新規を追いかけたらいいのにと思うのですが、広告嫌いのその会社は、新規客を集める手段がないわけです。当然、新しい見込み客がほとんど入ってこないわけですから、そのリストは、年月と共にどんどん枯渇していきます。だから、見込みのない客まで追いかけざるをえなくなるわけです。

マーケティング界隈では、昔から言われていることですが、「集めて切る」ですよ。その本質は、業種も関係ないですし、地域も関係ないです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。