これで集客できるのか?地方は電話を検討方法の手段に使う方がまだいるの?

先日、ポストを見たら、ハウスクリーニングのDMが入ってました。ポスティングのようです。

先日のブログでも書いたように、田舎ではDMが目立つんですよ。

これで集客できるのか?地方は電話を検討方法の手段に使う方がまだいるの?

地方(特に田舎)だと、ハガキDMは目立つ!?

2021年5月13日

A4のコピーされたDMに名刺がホチキスでくっつけられてて、折りたたまれて、透明フィルムに入っています。

これで集客できるのか?地方は電話を検討方法の手段に使う方がまだいるの?

デザイン性はまったくなく、多分Wordなどで書いたものを、印刷したのでしょう。

内容は、「ハウスクリーニングを開業したので、掃除や不用品の撤去をお任せください。」というものです。

貼り付けられた名刺には、代表者と携帯番号が記載されています。

・・・いや、それだけ?

と、ツッコミたくなるぐらい、内容がありません(笑)

たしかに、近所にはハウスクリーニングの店はありませんが、車で20分ぐらいのところに、フランチャイズ加盟しているハウスクリーニング店があります。車で20分程度なら競合でしょう。

クリーニングにお金を掛けようと思う人をターゲットにするということを考えたら、(リゾート系)マンションはやはり狙い目です。でも、その客層は比較検討しますからね。

単にハウスクリーングといっても、安いところは目に見えるところだけ掃除して終わります。ちゃんとするところは、多少高くても、目に見えないところまで掃除します。

なので、

  • どこまでの掃除なのか?
  • 価格はいくらなのか?
  • どのくらいの時間が掛かるのか?
  • 他とどう違うのか?

などなど、頼むにしても知りたい情報がたくさんあるのです。

当然、DMだけでは伝えきれないことがほとんどですから、WEBサイトなどを活用して、より知ってもらうのです。最近では、QRコード貼り付けて、スマホから誘導させたりしていますよね。

でもそれを、「電話して聞いてね」「見積もりは無料だよ」と投げかけられても、検討するためにわざわざ電話しませんよ。顔もわからないし、どんな人や会社かもわからないですから…

根本的に、電話を検討方法の手段に使うのは時代遅れなんですよ。電話するなら、ある程度意思決定した状態つまり、「依頼する」という意思がある程度固まった時にしたいものなのです。

多分、上記のお店は、WEBサイトもないのでしょう。ネットに疎く、お金も掛けたくないなら、とりあえずGoogleサイトでつくっておくのもありだと思いますよ。

電話を使うなら、検討方法の手段に使うのではなくて、意思決定の行動の手段に使いましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。