「いいね」が集客や売上に繋がらないことを証明した世界最古の建設会社「金剛組」

以前、株式会社金剛組という、578年創業の世界最古の建設会社について、取り上げたことがあります。

金剛組は、聖徳太子が大阪四天王寺を建立するため、百済から招かれた宮大工の3人の内の一人、金剛重光が、578年、飛鳥時代に創業し、以来、1400年以上に渡り、日本の寺社仏閣建築の設計・施工、城郭や文化財建造物の復元や修理等を主に手がけるなど、建築に精通している方であれば、ほとんどの方が知っている会社だと思います。

そんな世界最古とされる「宮大工の会社」に経営危機が訪れたのが2005年。カネ儲けとは縁遠い職人気質の職人集団で、予てよりソロバン勘定が苦手だったところに、バブル期にマンションなどの一般建築に手を広げたことが致命傷となり負債が増大。また、神社仏閣にもコンクリート建築が増加したことにより、大手ゼネコンとの価格競争に巻き込まれた結果、売上の減少や資金繰りの悪化により、経営危機に見舞われ、ついには、自己破産申請をせざる得ない状況に陥ってしまっているのです。

そこへ、「金剛組を潰しては、大阪の恥や」と、大阪の中堅ゼネコン・高松建設が再建に乗り出し、経営陣が高松建設から送り込まれ、髙松建設の子会社として、新生金剛組がスタートします。2006年には、その新・金剛組へ営業権を譲渡すると共に従業員の大半を移籍し、旧・金剛組は不動産部門のみを残して、株式会社ケージー建設に商号を変更。

1400年を超える金剛家による経営体制が事実上幕を閉じています。(ケージー建設は、自己破産申請し、翌年法人格抹消。6月23日付で解散。)

「いいね」が集客や売上に繋がらないことを証明した世界最古の建設会社「金剛組」

金剛組が1400年の宮大工の技をもってしても潰れてしまったのは何故?

2013年11月4日

金剛組を例に、「こだわりすぎて、ビジネスとのバランスを考えてないと、いくら良いものつくっていても、会社としては倒産するよ」ということを書いた記事が、ヤフー知恵袋や5ch(2ch)にも引用されていたりして、未だにアクセスがそこそこあります(笑)

「いいね」が集客や売上に繋がらないことを証明した世界最古の建設会社「金剛組」

yahoo知恵袋

「いいね」が集客や売上に繋がらないことを証明した世界最古の建設会社「金剛組」 「いいね」が集客や売上に繋がらないことを証明した世界最古の建設会社「金剛組」

「いいね」は売上に繋がらないことを証明した

宮大工の技術は、素晴らしいですし、継承していけばいいと思います。

宮大工の技術力を目にすれば、皆「いいね」と言います。上記の動画のコメントを見ても、好評なコメントばかりです。

「いいね」が集客や売上に繋がらないことを証明した世界最古の建設会社「金剛組」

でも、企業としては倒産したのです。高松組という大手の受け皿がなければ、現代では成り立ってなかったわけです。

実際、こういう好評なコメントしてる人たちが、金剛組や宮大工に仕事を頼むのかといえば、頼むことはないでしょう。今回の動画に限らず、昔から宮大工の技術には「いいね」と好評な声が多かったのです。なんならSNSが普及する前から「いいね」は多かったでしょう。ですが、そんな声は声だけで留まり、実際にはお金に結びついてないわけですからね。

SNSの「いいね」も同じ

FacebookやTwitterで、毎日記事を投稿して、「いいね!」や「シェア」を集めたり、友達やフォロワーの数を増やして、興味もない人の投稿に「いいね!」を押したりしてるのに、集客できない・売上につながらない。

・・・そんな会社は非常に多いです。金剛組や宮大工への「いいね」とSNSの「いいね」は似てますよ。実際にはお金に結びついてないわけですからね。

ただし、だからといって、商品やサービスのクオリティが悪くていいという話ではないですよ。


これを読む前に集客をしないでください!

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

ブログもSNSも使わない!ネット広告とメルマガによるWeb集客&販売の仕組みで増収増益を実現!

地方の中小企業でも再現できる成功方法を期間限定で無料公開!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、再現性が高く最も簡単で効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

集客に時間を奪われない、高単価で高成約率の仕組みをネットを使って構築。WEBマーケティングによって、主に地方ビジネスの経営者・個人事業主に対して、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高額化し、高成約率で成約させる販売の仕組みづくりを支援しています。収入と時間の両方を手に入れ、経営者が経営に集中できたり、自分らしいライフスタイルを実現してもらうことをゴールにしています。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。